PR

【小売業】損益計算書(PLの見方)をわかりやすく解説

【小売業】損益計算書(PLの見方)をわかりやすく解説小売業の計数中級編
【小売業】損益計算書(PLの見方)をわかりやすく解説

決算に欠かせない「損益計算書」ですが、自店の経営に活かしているという店舗責任者は少ないのではないでしょうか。損益計算書と言うと、経営者や株式トレーダー、銀行員など特殊な職種の方が確認するものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし損益計算書の見方は小売業の店舗販売員も知っておくことにより、実際の店舗運営に生かせる大切な知識です。月次や年次の損益計算書が店舗ごとに作成されている企業も少なくはありません。

損益計算書の見るべきポイントがわかれば、自社や自店が「どのような事業で、どれくらい儲けているか、あるいは損失を出しているか」が明らかになってきます。 ここでは、損益計算書を読み解く上で重要な、「5つの利益」を中心に解説していきます。

スポンサーリンク

損益計算書とは

損益計算書は、会社や店舗の収支を知ることができる決算書類です。
損益計算書には、収益・費用・利益が記載されており、英語の「Profit and Loss Statement」を略して「P/L」とも呼ばれます。決算時に収益や費用の流れを知るための書類です。

損益計算書には会社や店舗の売上から原価や販管費などの各種費用を差し引いて、最終的に残る純利益までが表されています。チェーンストアなどの店舗では損益計算書の項目が営業利益までとなっているなど、一部は非開示となっている場合もあります。

損益計算書の項目

損益計算書は「3種類の収益」「4種類の費用」「5種類の利益」から成り立ちます。

3種類の収益

3種類の収益とは「売上高」「営業外収益」「特別利益」を指します。

売上高

一定期間に商品を販売したりサービスを提供したりといった、会社の本業である営業活動の対価として得られる収益のことです。

売り上げの仕組みを理解するには売上ロジックツリーを理解しておく必要があります。

営業外収益

会社の本業以外で得られる、おもに財務活動による収益です。預貯金や貸付金の利子である「受取利息」や、国債や地方債、社債などの債券や株券から発生する「有価証券利息」などを指します。

特別利益

事業を運営する上で継続的に発生する利益ではなく、本業とは無関係に一時期だけ臨時的に発生した利益のこと。不動産などを売却したことによる「固定資産売却益」や、長期保有していた株式や証券の「売却益」などが該当します。

4種類の費用

4種類の費用とは「売上原価」「販売費/一般管理費」「営業外費用」「特別損失」を指します。

売上原価

一定期間の商品の仕入れや製造にかかった費用のことです。原価には輸送費なども含まれるので、一度原価の仕組みに関して学習しておくことが大切です。

販売費/一般管理費

営業活動をする上でかかった費用です。商品を宣伝するための広告費用や給与等の人件費、光熱費、荷物の運搬費、出張等の移動費などが含まれます。「販売費/一般管理費」はまとめて「販管費」と言われることもあります。

店舗を運営に関わる費用で大きな割合を占める費用です。

営業外費用

本業以外において発生する費用のこと。財務活動から生じる借入金の利息、社債の発行費、株式の売却損など。

特別損失

臨時的に発生した損失のこと。不動産の「固定資産売却損」や長期保有している株式の「売却損」、火災や災害による「損失」など。

5種類の利益

5種類の利益とは「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」を指します。

売上総利益

売上から原価を引いたものを指します。

営業利益

売上総利益から販売費/一般管理費を引いたもの。チェーンストアの店舗運営でコントロールできる利益は多くの場合、ここまでとなります。

経常利益

営業利益に「営業外収益ー営業外費用」を加えたもの。

税引前当期純利益

経常利益に「特別利益ー特別損失」を加えたもの。

当期純利益

税引前当期純利益から法人税等(法人税+法人住民税+法人事業税)を差し引いたもの。最終的に企業に残る利益。

損益計算書の記載例

これまで損益計算書の「3種類の収益」「4種類の費用」「5種類の利益」を説明してきました。以下が損益計算書の様式例です。

損益計算書の様式例
損益計算書の様式例

各項目は以下のように求めることができます。

売上高ー売上原価=売上総利益

売上総利益ー販売費/一般管理費=営業利益

営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益

経常利益+特別利益-特別損失=税引前当期純利益

税引前当期純利益-法人税等=当期純利益

売上高から各種経費を引いたり、各種収益を足したりを繰り返して最終的に残るものが「当期純利益」です。

利益を最大化するために必要な事

利益を多く残すためには、「3種類の収益」を増やすか、「5種類の費用」を減らすしかありません。

それを実行するためには、損益計算書の各項目についてよく知っておく必要があります。

売上を改善するためには、販売数量を増やす、客数を増やすなどの方法があり、売上総利益を改善するためには、利益率の高い商品の販売や輸送費を削減するなどの方法があります。

また、仕事の効率を上げて人件費を減らしたり、折込チラシからデジタルマーケティングに変更して販管費を減らすこともできます。

敷地の一部を貸し出すことによって営業外収益を得ることもできます。

余剰資金を使って有価証券を買うことによってインカムゲインやキャピタルゲインを得ることもできます。

まとめ

店舗の利益を考える上で、損益計算書を理解することは大切です。

人が健康診断を受けるように、店舗の運営が適切になされているかのバロメーターとなります。

まずは、自社や自店の損益計算書を確認して、損益計算書から自社や自店の置かれている状況を判断できるようになりましょう。