PR

【小売業】商圏調査の簡単なやり方を解説1/2 ~目的と調査のポイント~

商圏調査の簡単なやり方を解説-目的と調査のポイントフレームワーク
商圏調査の簡単なやり方を解説-目的と調査のポイント

スポンサーリンク

商圏調査とは

商圏調査とは、自店の商圏を調査して売るものや売り方を決めることを言います。

工事現場が近くにあれば、夏であれば熱中症対策にスポーツドリンクが飛ぶように売れますし、オフィス立地であれば、女性の冷え性対策に夏でもカイロの需要があります。所得の多い地域であれば、品質の良さをアピールした方が商品が売れるかもしれませんし、所得の低い地域であれば低価格をアピールした方が商品が売れるかもしれません。

このように、自店の置かれている環境を調査して販促に活かすことを商圏調査といいます。

商圏調査で確認するポイントは

  • 地理や地形
  • 顧客の生活導線
  • イベント情報
  • 競合

などです。

商圏調査を簡単なやり方を解説2/2 ~3C分析・SWOT分析~

商圏とは

商圏調査をするときに押さえておくポイントは以下の2つです。

商圏は業態で変わる

商圏とはは「お店に来る可能性のあるお客様が住んでいる範囲」のことを指します。

住宅地にあるコンビニエンスストアと郊外のショッピングモールでは集客範囲が大きく変わります。コンビニは狭く、ショッピングモールは広くなります。

商圏を考える際には

  • お店がどのような売り方をしているのか
  • 消費者がどのような買い方をしているのか

を考慮する必要があります。

商圏には3パターンある

日常使いするものは近所のスーパーマーケットやコンビニエンスストアで買うことが多いです。

一方で家電製品や家具は郊外の家電量販店やインテリアショップで買うことが多いです。

このように商品や業態等で商圏の範囲は変わってくるので自店の商圏範囲はどのくらいなのかを把握することが重要です。

商圏は3パターンあると言われています。

一次商圏・・・10~15分以内に移動できる範囲。来店頻度はほぼ毎日。

二次商圏・・・20分以内に移動できる範囲。来店頻度は週1~2回。

三次商圏・・・30分以内に移動できる範囲。来店頻度は月1回~3カ月に1回。

商圏調査の簡単なやり方を解説1/2 ~目的と調査のポイント~:商圏3パターン

商圏調査のポイント

実際に商圏調査を行うときには、気をつけるポイントが3つあります。これらのポイントを押さえることでより有効な調査ができます。

地形や地理などを把握する

お店の裏に川があれば、顧客の移動は妨げられてしまいます。

また近くに駅があれば、人の流れが偏ることも考えられます。

商圏調査は、地形や道路や線路などのお客様の行動が大きく左右される要因を加味して行うことが大切です。

地域の行事などのイベントを把握する

スキー場付近のお店は、シーズン中は幅広い地域からの顧客の来店と高い需要を見込める一方で、シーズンが終われば客足が遠のいてしまいます。

球場付近のお店も、イベントがある時と無い時では売れるものや客数が変わってきます。

運動会や入学のシーズンについても、その時に必要なものの需要が一気に高まります。

自店に影響のあるイベントを確認しておくことが大切です。

競合を把握する

たいていのお店には必ず競合が存在します。

競合と比べて自店のサービスレベルが低かったり優位性がないと、競合に顧客が流れていく原因になります。

競合と比較することにより、常に自店の立ち位置を把握しておく必要があります。

競合は必ずしも同じ業態とは限りません。

中部スーパー4社5月販売状況 外食に流れ全社減収 節約志向で足元厳しく

https://www.chukei-news.co.jp/news/2022/06/21/OK0002206210201_01/
商圏調査の簡単なやり方を解説1/2 ~目的と調査のポイント~:商圏調査のポイント

まとめ

いかがでしょうか。

今回は商圏についてと、商圏調査のポイントを紹介しました。

商圏や商圏調査について学んで、売れる店づくりに取り組みましょう。