PR

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン1

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質金言名言1覆面ビリオネア
覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質金言名言1
スポンサーリンク

覆面ビリオネアとは

覆面ビリオネアとは億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。

持ち物は、100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。

アメリカンドリームは今もあるのか?

そんな番組ですが、この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。

今回はその金言名言を紹介します。

起業をするということは隙間を埋めるということ

起業をするということは隙間を埋めるということ

リチャード

グレンがチャレンジをはじめる前に友人のリチャードに言われた言葉。

「君もわかっている通り」と前置きをされたことから、ビジネスをする上での大事な前提になっていることがわかります。

このチャレンジを初めて間もなく、グレンは需要が無いところに商品を売り込もうとして失敗しています。

金は賢く使わなければならない

金は賢く使わなきゃならない。手持ちの資金を家賃につぎ込んだらそこでお終いだからね。なので使い方は慎重に。

グレン

手もちの100ドルだが、ペンシルバニア州エリーのこの場所で生活するにはひと月で家賃・食費・ガソリン代で1100ドルくらいかかりそうというのがグレンの見積もり。

まずは3か月分の生活費3300ドルを稼ぐのを目標とすることに。

この街に来て1日目、グレンは車中泊を選択します。

「100ドルあるからホテルも探せるけど、それじゃあ手持ちが半分以下になってしまう。」

常にある程度の余裕を残しておいてリスクに備えることが大切ということですね。

なんだってやる

なんだってやる。釣りと同じで垂らす糸の数が多いほど獲物がかかるチャンスが増える

グレン

1秒たりとも時間を無駄にできないので、グレンは車中泊の車内で仕事の募集広告を出すことに。

手元に軍資金が無いため、まずはくず鉄の回収、清掃、部屋の掃除など、自分にできることでお金になることならなんでもやろうとします

億万長者も初めは泥臭い仕事で手元資金を作ろうとします。仕事に貴賎なし。

まずは自分の長所と短所を自覚する

まずは自分の長所と短所を自覚する

グレン

なかには時給(給料)の良い職種も存在するが、自分の手に負えないものではしょうがない。

製造加工の仕事など時給の高い仕事もありましたが、グレンは自分の営業スキルが生きるペット用ボールの営業の仕事をすることにします。

先に買い手を見つけて、相手のニーズに合わせて商品を見つけるのが鉄則

先に買い手を見つけて、相手のニーズに合わせて商品を見つけるのが鉄則

グレン

たいていは商品を作ってから買い手を見つけるが、それは間違い。

人気商品になるかガラクタになるかは、買い手を見つけているかどうか。

グレンはネットで調べて、錬鉄製のフェンスや産業車両用のタイヤを探している人がいることを知り、廃材置き場へと向かいます。

価値のあるものを捨ててしまう人は多いので、それを必要とする人を探す

価値のあるものを捨ててしまう人は多いので、それを必要とする人を探す

グレン

「誰かのゴミは誰かのお宝」

「安く仕入れて高く売る」が商売の鉄則

昔ながらの錬鉄製のフェンスは今はもうアメリカでは生産されていないので、本物が手に入れば1キロあたり6ドルくらいになる。

産業用車両のタイヤは新品は高い。そのため程度の良い中古のタイヤは数百ドルで売れる。

これらをグレンは廃材置き場から見つけようとします。

自信満々に見せないと

自信満々に見せないと

グレン

ビジネスをする上で見た目は大切

トラックで寝泊まりをしていることを相手に悟られると、絶望的に困っていると思われる。

それはビジネスにとってはマイナス。

お金の無いグレンは、仕事に行く前にどこかのお店のトイレに立ち寄り、トイレットペーパーで体を拭きジェットドライヤーで体を乾かします(笑)

どんな仕事も真剣に向き合えば自信が出てくる、その自信が自分をさらに押し上げる

どんな仕事も真剣に向き合えば自信が出てくる、その自信が自分をさらに押し上げる

グレン

取るに足らない仕事などありません

80ドルで掃除の依頼が入り、グレンはその仕事を引き受けることにしました。

みじめな気がしても、やれることならなんでもやる。それがグレン流です。

投資の基本は安く買って高く売る

投資の基本は安く買って高く売る

グレン

「この風船は1個60セント。これが1個5ドルで売れるんだ」

グレンは街のお祭りであるセントパトリックスデーでアイルランド関連のグッズが売れることを知ります。

そして、街のお店が販売しているそのグッズが当日の朝には激安になっている為、グッズを当日の朝に仕入れて日中に売ることを思いつきます。

まとめ

いかがでしょうか。

100ドルの元手を90日で100万ドルにするために奔走するグレンの様子が面白くもあり、刺激的でもあります。

仕事に取り組む姿勢やチームビルディングの方法など、ただのエンタメとしてではなく仕事の教養としても学びになることが多くあります。

組織の中での立ち振舞に関しては以下の記事もおすすめです。

リーダー必見!部下とのコミュニケーションの取り方|中国古典に学ぶ『貞観政要』

『Think CIVILITY 』に学ぶ|無礼な人がもたらす損害5選とその対処法

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン2
覆面ビリオネアとは億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。 持ち物は、100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。アメリカンドリームは今もあるのか?この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。 今回はその金言名言を紹介します。