PR

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン4

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン4覆面ビリオネア
覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン4
スポンサーリンク

覆面ビリオネアとは

億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。

持ち物は100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。

アメリカンドリームは今もあるのか?

そんな番組ですが、この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。

今回はその金言名言を紹介します。

ライバルを収入源にする

商売敵との将来の問題を避けるために、双方に利益が上がる方法を考える

グレン

地元のブルワリーを訪ねたグレン。

将来の問題を避けるために、グレンが開業予定の店で地元ブルワリーのクラフトビールが取り扱えないか交渉します。

無駄をそぎ落とす

余計な情報を取り除き、自分の求めている事柄を明確にする

グレン

地元のブルワリーと提携して全国展開まで視野に入れていたグレンですが、交渉をまとめるために主張を2つにまとめました。

「彼らのビールを自分の店で提供したい」

「自分の店のオリジナルビールを醸造してもらいたい」

未来のビジョンなどはいったん胸にしまい、重要な事だけを伝えるようにします。

Noという答えはあくまでもスタート

ビジネスに成功するまでにはYesという返事以上にNoという言葉を聞かされる

グレン

どうしても重要な取引を成功させたいグレンは、断られた地元のブルワリーの醸造家に再びアポイントメントを取ります。

そして無駄を省いてプレゼンをした結果、無事契約を結ぶことができました。

まとめ

いかがでしょうか。

100ドルの元手を90日で100万ドルにするために奔走するグレンの様子が面白くもあり、刺激的でもあります。

仕事に取り組む姿勢やチームビルディングの方法など、ただのエンタメとしてではなく仕事の教養としても学びになることが多くあります。

組織の中での立ち振舞に関しては以下の記事もおすすめです。

リーダー必見!部下とのコミュニケーションの取り方|中国古典に学ぶ『貞観政要』

『Think CIVILITY 』に学ぶ|無礼な人がもたらす損害5選とその対処法

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン5
億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。持ち物は、100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。アメリカンドリームは今もあるのか?そんな番組ですが、この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。今回はその金言名言を紹介します。