PR

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン6

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン6覆面ビリオネア
覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン6
スポンサーリンク

覆面ビリオネアとは

億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。

持ち物は、100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。

アメリカンドリームは今もあるのか?

そんな番組ですが、この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。

今回はその金言名言を紹介します。

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン6

最初から与えられているものなどありません

私自身必死にのし上がった

グレン

イベントの話を掘り下げていく中で、バーベキューの専門家とお金の話になる。

金持ちが楽して金持ちになったわけではないことを認識してもらえていることにグレンは安堵する。

グレンは必死で働いたことにより莫大な富を得ることができた

自信をもって取り組んでいる人に任せれば大抵問題なくすすむ

期待した答えはもらえなかったけど、信頼してくれというメッセージは受け取った

グレン

大量の肉をさばけるのか不安があったグレンは、クリスティンにイベント当日にきちんと肉を提供できるのか確認しようとします。

しかし、クリスティンは根拠を示さずに大丈夫というばかり。

確証を得られなかったグレンですが、これまでの経験からクリスティンを信頼することにします。

離陸前に機体チェックをすること

パイロットは離陸前に綿密な機体チェックをします。命がかかっていますからね。

グレン

商品を顧客に提供する上ではパイロット並みの伸長さが必要。

グレンはチームで必要なものを洗い出しながら、フェスティバルで成功させるための道筋を考えます。

ブースを借り配置しながら確認作業を進めます。

そこでプロパンガスや発電機などが足りないことに気づきます。

トラブルが起きても冷静さを保つこと

金融危機の中で相手との契約に腹を立ててその場を立ち去ったことがありました。

しかし必要な契約でした。

その後相手は当初の契約より50%も多く請求してきました。

グレン

予定通りにフェスティバルの段取りが進まないことに腹を立てた仲間を、グレンは必死になだめます。

感情的になってもうまくいかないことを過去の経験から知っているからです。

まとめ

いかがでしょうか。

100ドルの元手を90日で100万ドルにするために奔走するグレンの様子が面白くもあり、刺激的でもあります。

仕事に取り組む姿勢やチームビルディングの方法など、ただのエンタメとしてではなく仕事の教養としても学びになることが多くあります。

組織の中での立ち振舞に関しては以下の記事もおすすめです。

リーダー必見!部下とのコミュニケーションの取り方|中国古典に学ぶ『貞観政要』

『Think CIVILITY 』に学ぶ|無礼な人がもたらす損害5選とその対処法

覆面ビリオネアに学ぶビジネスの本質|グレン・スターンズ金言名言 シーズン7
億万長者で起業家のグレン・スターンズが、フェアな勝負をするために自らの正体を隠し、自分の名前もお金もコネも使わずに100ドルの元手を90日間で100万ドルに増やすという企画です。持ち物は100ドルと車と連絡先の入っていない携帯電話のみ。アメリカンドリームは今もあるのか?そんな番組ですが、この番組には起業家であるグレン目線の仕事で役立つ金言名言が多く登場します。今回はその金言名言を紹介します。