PR

アルバイトから正社員へ|小売業のアルバイトで身に付くスキルと就職活動での活かし方

小売業のアルバイトで身に付くスキルと転職活動での活かし方転職・就職活動
小売業のアルバイトで身に付くスキルと転職活動での活かし方

小売業でのアルバイトはきついとか、スキルが身につかない等と言われていますが、小売業でのアルバイトはそんなにひどいことばかりでもありません。小売業でのアルバイトでも身に付くスキルはあり、就職活動でのアピールポイントもあります。

また小売業でのアルバイトは多くの人がスキルが身に付かないと思っている為、就職活動の際にアルバイト経験をうまく伝えることによって他の人と差別化をすることができます。

小売店舗は学生バイト等によって支えられているため、進学や就職などによる人の入れ替えが定期的に発生します。そのため小売業は仕事が見つかりやすく採用もされやすいのもメリットです。

今回はそんな小売業でのアルバイトで身に付くスキルと就活での活かし方を紹介します。

スポンサーリンク

小売業アルバイトで身に付くスキル

小売業アルバイトの仕事内容

小売業でのアルバイトの仕事内容とはどのようなものでしょうか。

難しい仕事や、本部との調整等は店長を始めとした社員がやりますので、主にアルバイトは店頭でお客様と接する最前線を任されます。

小売業のアルバイトで身に付くスキルと就職活動での活かし方:アルバイトで身に付くスキル
小売業のアルバイトで身に付くスキルと就職活動での活かし方:アルバイトで身に付くスキル

主な業務内容は

  • レジ
  • 品出し補充、商品整理
  • 清掃
  • ポイントカード等の勧誘

になります。また、実力が評価されたり仕事に慣れてきたら

  • 棚替えやプロモーション作成
  • 発注
  • 伝票整理
  • 後輩アルバイトの教育

を任されることもあります。

多様性を理解する力と対応力

多くの小売業アルバイトではレジ業務を経験します。そしてレジは一番多くのお客様と接する場所になります。

レジスピードを重視してサクサクレジ業務をすれば

「機械的な対応で冷たい」と言われ

丁寧さを重視してレジ業務をすれば

「遅い」と怒られます。

元気に挨拶をすれば

「威圧的」と言われることもあるし

落ち着いた挨拶をすれば

「暗い、元気がない」と言われることもあります。

このように、小売業のレジ業務では様々な価値観のお客様を相手にしなければなりません。

そして、常連さんでもなければその方がどのようなタイプなのかを知ることは難しいです。

以上のことからわかることは

人の価値観はさまざま

ということです。

レジ業務を通じて実感する機会は少なくないと思います。

就職活動でのアピールポイント

そしてこの経験を就活でどう活かすかですが

「レジ業務を行う際にお客様の利便性を考えてレジスピードを意識したところ、作業が機械的で冷たいとのご指摘をいただきました。それを受けて丁寧なレジ業務を意識したところ、今度はレジが遅いとのご指摘を受けました。
これらを経験して、どちらが正しいというわけではなくお客様一人一人に合った対応をすることが重要だと考えるようになりました。
それからは、お客様がどのようなサービスを求めているのかを考えながら仕事をしてきました。
ある時、重い物を買われたお客様のお荷物をお車までお運びしたところ、感謝していただきやりがいを感じました。

というように、業務を通じて多様なニーズがあることを学び、それを踏まえて前向きに仕事に取り組んだことをアピールすることもできます。

地道に取り組んで成果を出す

小売業の中には、ポイントカード会員の獲得を重要な業務として位置付けている企業もあります。

ポイントカード会員獲得のほとんどはレジで行いますから、レジ業務が多いアルバイトは自然とその一端を担うことになります。

そしてこのポイントカード会員獲得は簡単に取れるというわけでもなく、取れなくてもしょうがないとされるわけでもありません。

営業を続けていけば続けていくほど、その地域での会員数は頭打ちになってきます。作る人はもう作っているし、作らない人は作らないからです。しかし、本部は基本的に達成困難かギリギリの目標を設定してきます。そのしわ寄せが最前線で働いているアルバイトにきます。

本部に与えられた目標を達成するために、時にはお客様に怒られながらもひたすら

「ポイントカードはお持ちですか?」

「お作りしますか?」

と地道に声をかけていくのです。

なかなかしんどいこの作業ですが、心折れずに継続すると意外とある程度の成果に結びつきます。

ポイントカードをお持ちでないお客様全員に声をかける気合があれば、その店舗で上位に入る実績は出せるでしょう。

仮に高い実績を出せなくても構いません。ここで大切なのはそこから何を学んだかです。

就職活動でのアピールポイント

この経験は就職活動の面接でも活きると思います。

レジではポイントカード会員の獲得にも取り組んでまいりました。
お断りされることも多かったですが、コツコツとお声がけを続けることが獲得につながりました。
継続することの大切さを学びました。

計画を立てる/優先順位をつける

おそらくどの小売業界でも共通していることの一つが「人が少ない」ことです。

どのお店も、経費の大きな部分を占めている人件費を増やさないように努力をしています。

そのしわ寄せはもちろんアルバイトにも降りかかってきます。

商品の品出しや補充を頼まれても、十分な時間を与えられるとは限りません。

むしろ、がんばってなんとか終わるか、がんばっても全部はやりきれないくらいの時間しかないことが多いでしょう。

ここで鍛えられるスキルが、作業計画を立てたり優先順位をつけるスキルです。

例えば品出しは、オリコンと呼ばれる箱の中にたくさんの商品が詰められています。

これらの商品を目に付いたものからやみくもに品出ししても時間がかかります。

近い場所の商品はまとめて品出しして、あっちへ行ったりこっちへ行ったりする頻度を少なくする工夫が必要だったり、ビニールゴミや段ボールゴミを一時的に一か所にまとめておいて、最後にゴミ置き場へ持っていくなど、限られた時間の中で効率よく作業をする必要があります。

また補充についても優先順位をつけて効率的に作業することが大切です。

欠品のある売り場
参考:Yahooニュース

一つずつ商品を確認しにバックヤードを往復していたのでは時間が足りませんし、肝心の売れ筋の補充ができていないと売り上げを逃してしまいます。限られた時間で最大限の成果を出すためには効率重視で動くことが大切です。

補充の際に意識したいことは以下の3点

  • 売れ筋から優先的に補充する
  • バックヤードとの往復を減らす
  • 作業スピードを上げる

これを実現するための行動案は以下の5つ

  • 売れ筋を把握する(観察したり社員や売り場担当に聞く)
  • 補充が必要な商品のメモを取る
  • 台車を使い一度に運べる量を増やす
  • 両手で作業する
  • 歩くスピードを速める

上記を日々意識して仕事をすることが大切です。

就職活動でのアピールポイント

そして就職活動ではこのようにアピールすることができます。

初めのころは品出しや補充が与えられた時間内に終わらせることができませんでした。
そこで時間内に仕事を終わらせるために作業効率を考える必要がありました。
作業に優先順位をつけたり、移動する回数を減らすために商品をまとめて運んだりすることで以前よりも時間内にできることが増えました。
また、売れ筋を発注担当の方に教えてもらうことによって優先度の高い商品から補充できるようになったので、一人で抱え込まずに必要に応じて人を頼ることも必要であると痛感しました。

スキルが身に付きやすい業界

上で紹介したスキルが身に付きやすい仕事は下記のものです。

  • ドラッグストア
  • インテリアショップ
  • 家電量販店
  • 携帯電話の販売員

これらの業界は、流れ作業に偏り過ぎずに適度に接客やポイントカード等の勧誘など、お客様とのコミュニケーションが発生します。

おすすめ求人サービス

アルバイトEX



増額中♪5万円のお祝い金!
Wお祝い金で最大10万円!
バイト求人【アルバイトEX】

アルバイトEXはバイトルなど21個の求人サイトから自分にぴったりのアルバイトを見つけることができる求人検索サイトです

アルバイトEXを使えば、いくつもの求人サイトを見比べる必要がないので簡単にアルバイトを探すことができます。

全国の求人をカバーしていて、さらには条件を絞って検索できるのも嬉しいポイント。

東証プライム上場企業」のじげんグループが運営しているサービスなので安心して利用することができます。

※「東証プライム上場企業」とは、厳しい条件をクリアした企業が上場できる株式市場です。新興市場とは違い業績の安定性しており財務の健全性が高いのが特徴です。

しかも、今ならアルバイトEXで応募をした対象者の方には『最大10万円』のお祝い金をプレゼントしているので、ぜひご利用ください!

シゴト.inバイト

シゴトin

アルバイトを探すなら求人サイトをまとめて検索できる「シゴト.inバイト」がおすすめです。

北海道から沖縄まで日本全国のアルバイト・求人を職種・給与・期間・エリアに加え、時間帯やこだわりのポイントなどさまざまな条件で、探すことができます。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は①小売業でのアルバイトで身に付くスキル②就職活動でのアピールポイント、の2点について説明しました。

記事の初めのほうでテーマにしましたが、小売業ではスタッフの入れ替わりによる環境の変化のみならず様々なお客様から様々なご意見をいただくことも少なくありません。

ゆえに小売業で1年間などある一定の期間継続して働いていれば、社会で必要とされるストレス耐性がある程度あることのアピールにもなると思います。。

学生のうちに空いた時間を有効活用して、将来に役立つ経験を積み重ねましょう。