PR

弁護士監修あり|退職時のトラブルや引き止めにおすすめ退職代行サービス6選

めんどくさい!退職時のトラブルや引き止め|おすすめ退職代行サービス6選転職・就職活動
めんどくさい!退職時のトラブルや引き止め|おすすめ退職代行サービス6選

退職届を何日前に出したらよいか迷う方は多いでしょう。

多くの企業では退職届の提出は30日前から60日前と定められていますが、労働基準法上は2週間前で大丈夫とされています。

したがってこれらの基準を著しく逸脱した、企業からの引き止めなどに関しては過剰な対応とみなすことができます。

退職妨害策などを講じられると、今後の社会人人生にも悪影響を及ぼします。

今回の記事では、退職をする際に、勤め先から過剰な退職妨害策を取られている方に、以下の3点を解説しています。

今回の記事のポイント
  • 退職時に必要なこと
  • 退職時のトラブル
  • おすすめ退職代行
スポンサーリンク

退職時に必要な事

退職時に必要なことは、シンプル。会社や上司に退職の意思表示をすることです。

民法上の規定では、2週間前に退職の意思表示をすればよいことになっていますが、会社によっては就業規則によって、退職届は何日前に提出しなければならないと規定されています。

会社の業績を大きく左右するような重要なポジションでもなければ、2週間で辞めたからと言って損害賠償請求をされることもありません。そもそも法律で定められていますし、空いた穴を埋めるのは会社がすることです。

穏便に退職の手続きを進めたいのであれば、就業規則に従う方が無難です。

まともな企業であれば、スムーズに退職届が受理されて、残っている有給を消化しながら退職という流れになります。

退職の理由は必ず聞かれるので、無難な返答を用意しておきましょう。

退職理由として無難なのは

  • 親の看病や介護
  • 親戚の家業を継ぐ

です。

実際にするかしないかは関係ありません。

どちらも、現職を掛け持ちしながら行うには大変なもので、退職せざるを得ない理由になります。

勤務日数の調整や、とりあえず席だけは残しておいて…などと言われても

「家族と相談した結果、いったん今の仕事に区切りをつけて、そちらに専念することに決めました」

とピシャリと言えば済みます。

退職時のトラブル

勤めている企業によってはスムーズに退職させてくれないところもあります。

よくある退職時のトラブルは以下の2点です。

  • 転職先への嫌がらせ
  • 執拗な引き止め

転職先への嫌がらせ

コンプライアンス意識の低い会社なら、転職先への嫌がらせをされる可能性があります。

電話などで、あなたの能力が低い、在籍中はミスが多かったなどと吹聴することです。

まともな会社なら取り合わないでしょうが、次の職場で気持ちよく働き始めるためには、転職先へ余計な面倒はかけたくないものです。

転職する際は、今の職場には転職先は知らせないようにしましょう。

転職理由を上記で上げた

  • 親の看病や介護
  • 親戚の家業を継ぐ

としておくことで、転職先を知られることも防げます。

もし転職をすることがバレてしまっていても大丈夫です!

「次の転職先から、入社するまで社名の公表は控えるようにと指導を受けております」

と言うことで、それ以上の詮索を防ぐことができます。あなたの発言がウソかホントか確認する術がないからです。

執拗な引き止め

あなたの良心に付け込んで、執拗な引き止めに合うことも考えられます。

引き止められる理由は以下が考えられます。

人手不足のため

職場環境が悪いところほど、人の入れ替わりが激しいです。そしてそのような企業ほど、環境を改善しようとはせずに、「辞めさせない」ということによって人材をつなぎとめようとします。

「変わりの人が見つかるまで、責任を取れ」

などと言われても

「法律(または就業規則)に則って、退職を申し出ておりますので、それに伴い発生する業務に関しては、そちらで対応していただくしかありません」

と答えれば、それ以上ねちねち言われることは少ないと思います。

自分の評価を落としたくないため

部下が離職すると評価に影響が出る企業もあります。

その場合、あなたの上司はなんとしてもあなたの退職を阻止しようとしてきます。

そんな上司のために、あなたの人生を無駄にする必要はありません。

毅然とした態度で対応しましょう。

みんなの負担が増えるし、業務が回らなくなる
→その件に関しては心苦しく感じますが、私にはどうすることもできません

空いたポジションはどうやって埋める?
→それについては、お答えできる立場にありません

などと答えておけば大丈夫です。

あなたが辞めた後のことは、あなたの問題ではなく、会社の問題です。

この「会社の問題」を、従業員にぶつけてくる会社や上司が少なからずいます。

意図的であれ、無知であれ、いずれにせよ対応する必要はありません。

できる範囲で配慮はしたほうが、揉める可能性は減ります。

辞めると決めたら絶対に辞めよう

上司からの圧力や、時には情に訴えてくるなど、会社側の初期対応も様々。

初めは固かった退職の意思も、会社や上司とのやり取りの中で揺らいでしまうかもしれません。

引き止められて留意しても、会社から見たあなたは「辞めようとした人」。重要な仕事やポジションが任されることはないでしょう。

辞めると決めたら何があっても辞める。

退職の意思表示とはそのくらいの決意を持って伝えるべきことです。

スムーズに辞めたいなら退職代行サービスの利用がおすすめ

とは言っても、スムーズに進まない退職の交渉は、精神的な負担が大きいものです。

そんな時に活用したいのが退職代行サービスです。

退職代行サービスは、退職に特化した、いわゆる退職活動のプロです。

数千件の退職代行の実績があるエージェントや、弁護士や労働組合が運営するサービスが多いため、信頼性が高いです。

出費は少なくはありませんが、退職に伴う精神的苦痛を考えれば、利用する価値はあります。

退職時に執拗な引き止めにあって、精神をすり減らしてしまえば、プライベートにも影響が及ぶかもしれません。

退職代行サービス利用時の注意点

退職代行サービスを選ぶ際に注意すべきことは、弁護士法違反をしている業者を選ばないことです。退職に関する交渉を弁護士資格を持たない会社が代行すると、弁護士法違反に問われるケースもあります。

よって、退職代行サービスを選ぶ際は労働組合や弁護士が運営しているサービスか、「非弁行為」を行わない旨を契約書などに明確に記載している運営を選ぶことが大切です。

弁護士法に違反する可能性のある交渉

  • 退職日の調整
  • 退職金の交渉
  • 未払い賃金や残業代の交渉

など、会社と調整が発生する交渉事全般と考えておいた方が無難です。

弁護士法に違反する可能性の低い代行業務

  • 退職届を郵送や持参するのみの取次
  • 会社からの要望をそのまま本人に引き継ぐ

など、あなたと会社の間に代行業者の意思や判断を挟まないケースです。

退職における会社とのトラブル全般を避けたいときは、労働組合や弁護士の運営するサービスを利用するのがおすすめです。

おすすめ退職代行サービス6選

おすすめ退職代行サービス一覧

料金追加費用全額返金保証支払い方法会社との交渉訴訟対応連絡サービス
モームリ正社員・契約社員22000円
パート・アルバイト12000円
なし銀行振込・クレジットカード・コンビニ支払い・あと払いペイディ・モームリあと払いLINE・メール・電話/365日24時間受付リピート割50%OFF
ガーディアン一律29800円なし銀行振込・クレジットカードLINE・電話/即日対応
ネルサポ一律24000円
キャンペーン価格22000円
なし銀行振込・クレジットカードLINE・メール・電話/即日対応可能転職サポート
退職110番43800円クレジットカード専用フォーム
男の退職代行正社員・契約社員26800円
パート・アルバイト19800円
なし銀行振込・クレジットカード・バーコード決済・キャリア決済等LINE・メール/早くて数分・遅くても数時間以内の返答転職サポート
女の退職代行正社員・契約社員26800円
パート・アルバイト19800円
なし銀行振込・クレジットカード・バーコード決済・キャリア決済等LINE・メール/早くて数分・遅くても数時間以内の返答転職サポート

モームリ

モームリは弁護士監修で労働組合と提携しているのが強みです。正社員・契約者で22000円、アルバイトなら12000円と価格が低めなのも嬉しいところ。

  • 弁護士監修
  • 労働組合による団体交渉可
  • 退職率100%継続中
  • 正社員・契約社員22000円/アルバイト12000円とリーズナブル
  • 追加費用なし
  • 相談無料
  • 365日24時間対応可能
  • 1か月後の後払い可能
  • 1年間は再利用50%OFF

ガーディアン

ガーディアンは労働組合法人が運営する退職代行サービスです。代理人として会社と交渉してくれるので、有給消化や退職金、社宅の退去交渉など、複雑で面倒な交渉事を安心して任せることができます。また即日対応なので、連絡した当日から出社せずに退職できるのも嬉しいところ。

  • 労働組合による団体交渉可
  • 退職率100%継続中
  • 即日退職
  • 一律29800円
  • 追加費用なし
  • 相談無料
  • 365日対応可能
  • 全国対応可能

ネルサポ

ネルサポは累計退職者数5000人の実績を誇り、各種メディアでも取り上げられてるサービスです。全国対応可能なので、自分の居住地でサービスを受けられます。

  • 弁護士監修
  • 労働組合による団体交渉可
  • 退職率100%継続中
  • 一律24000円キャンペーン価格22000円
  • 追加費用なし
  • 相談無料
  • 即日対応可能
  • 全国対応可
  • 転職サポート

退職110番

退職110番は数少ない弁護士運営の退職代行サービスです。価格は高めですが、弁護士が直接携わりますので、他の退職代行サービスと比べて高度な問題にも対応できるでしょう。代表の相川祐一郎先生は、過去にセクハラ・パワハラのトラブル対策講師をした経験をお持ちです。実績のある弁護士に頼れるのは非常に心強いですね。

  • 弁護士法人による運営
  • 一律43800円
  • 未払金、退職金などの請求/交渉に完全対応
  • 訴訟対応
  • 書類等の手配も代行可能
  • 相談無料
  • 即日対応可
  • 全国対応可

男の退職代行

男の退職代行は24時間LINEでの無料相談を受付中。早ければ数分以内、遅くても数時間以内というスピード対応をモットーとしており、創業16年という実績のある退職代行サービスです。男性専用の為、男性特有の悩みに寄り添ってくれます。

  • 労働組合による団体交渉
  • 正社員・契約社員など26800円、パート・アルバイト19800円
  • 追加費用なし
  • 退職率100%継続中
  • 即日退職
  • 相談無料
  • 365日24時間相談可
  • 全国対応可
  • 転職サポートあり

女の退職代行

女の退職代行男の退職代行の姉妹サービスです。24時間LINEでの無料相談を受付中。早ければ数分以内、遅くても数時間以内というスピード対応をモットーとしており、創業16年という実績のある退職代行サービスです。女性専用の為、女性特有の悩みに寄り添った対応をしてくれます。

  • 労働組合による団体交渉
  • 正社員・契約社員など26800円、パート・アルバイト19800円
  • 追加費用なし
  • 退職率100%継続中
  • 即日退職
  • 相談無料
  • 365日24時間相談可
  • 全国対応可
  • 転職サポートあり

まとめ

次の職場で気持ち良く働くためにも、退職の手続きはスムーズに行いたいものです。

パート・アルバイトなら、価格を抑えた退職代行サービスを利用することもできます。

まずは自分にあった退職代行サービスを見つけることが大切です。

価格・緊急性・複雑性を総合的に判断して、自分に合ったサービスを利用し、明るい未来を手に入れましょう。