PR

最悪損害賠償請求も!バイト先でやってはいけない致命的な4つのこと

最悪損害賠償請求も!バイト先でやってはいけない致命的な4つのこと業界情報
最悪損害賠償請求も!バイト先でやってはいけない致命的な4つのこと
スポンサーリンク

アルバイトは簡単に始められる社会活動

高校生や大学生になった時に多くの人がやり始めるアルバイト。

それまでは両親からおこずかいをもらって欲しい物を買ったり友達と遊びに行ったりしていた学生も、社会への第一歩を踏み出し、社会人と同じように自分で働いて報酬を得る体験をすることができます。

そこで気を付けなければいけないことは、社会と会社のルールを守るということ!

家でお母さんが買い置きしていたお菓子を勝手に食べてもそんなに大事にはなりませんが、会社の物を許可なく持って帰ったりすると、場合によっては刑事事件にまで発展することがあります。

この記事では、アルバイトの中でも比較的始めやすい小売店舗でのアルバイトをする際の注意点をまとめました。

やってはいけない、アルバイトをするときの注意点

廃棄やサンプルを持ち帰る

コンビニ・スーパー・ドラッグストアなどは店舗数や求人も多く、応募しやすく採用されやすい業界です。

そしてこれらの業界では食品の取り扱いもあり、賞味期限や消費期限を迎えた商品が日々多く廃棄されます。

また商品のサンプルなどは、商品の改廃とともに売り場から撤去され、不要になります。

使わない、捨てるだけなら持ち帰っても良いのでは?

これらの商品を持ち帰ることはできるのでしょうか。

答えはノーです。

捨てるだけ、使わないものとはいえそれは会社の資産にあたります。

そして特に大手ほど社内ルールで持ち帰りを禁止しており、店長にすら判断の権限が無い場合が多くあります。

このような状況で商品やサンプルを許可なく持ち帰るとどうなるのか。

業務上の横領と判断され、持ち帰った物品の返還または賠償を求められる上に、ほとんどの場合でアルバイトをクビにされます。

“ただ捨てるだけの物”と思っても、許可なく持ち帰らないようにしましょう。

欲しいものは普通に買う。これが一番間違いありません。

クーポンや割引券を勝手に使う

レジをするときに、お客様にクーポン券配布しているお店もあります。

多くのお客様に配れるように在庫がたくさん用意いてあり、一見誰でも気軽に使えるように感じます。

しかし、このクーポン券もたくさんあるからといって勝手にいくらでも使ってよいわけではありません。

お店側としては、お客様の再来店促進の目的でクーポンを配布しており、値引き分は販促経費として考えています。

つまり、クーポンを勝手に使うということは経費の不正使用にあたり、勤め先から不正値引き分の費用の返還を求められるとともに、懲戒解雇になる可能性があります。

クーポン券類は、一般のお客様同様きちんと利用条件を確認して、ルールに則って利用しましょう。

友達や知人に値引き販売する

仕事中に友達が訪ねてきてくれるとついつい嬉しくなってしまうものです。

友達の買い物かごの中を見ると、そこにはお弁当が。

普段ならあと30分もすれば見切り価格になるくらいの時間帯。

どうせあと少しで値引きされるからと、サービスで値引きしてあげる。

このようなことはしても良いのでしょうか。

答えはNO。

このような行為は、お店ではやってはいけない行為となります。

先程のクーポン類と同様に、「値引き販売」の値引き分は費用の一部として捉えられ、値引き分の金額は「値引きロス」として損失計上されています。

つまり、お店のルールに則らずに、店長や本部の許可もなく値引き販売をすることは会社に損害を与える行為となり、懲戒の対象とされる場合もあります。

友達が来ると何かサービスしてあげたくなるものですが、そこはぐっと我慢してルールに則って対応するようにしましょう。

カメラ画像の投稿

店舗で仕事をしていると、有名人や著名人がお店に買い物に来ることがあります。

隠しきれないオーラ、テレビやYOUTUBEで観てた人が目の前に!

事務所やバックヤードで

「見た!?今見た!?さっき買い物してたの芸能人の〇〇だよね!」

と同僚と話が盛り上がり、さらには防犯カメラの画像チェックへ

「あ、これこれ!この人!〇〇買ってる〜。隣はマネージャーさんかなー?」

とさらに話が盛り上がります。

有名人との遭遇にテンションは最高潮に達し、防犯カメラの画像をスマホカメラで撮影して、思わず友達へラインしたりSNSに投稿したくなりますよね。

このような行為は絶対にやめましょう

友人やSNSに投稿した画像は拡散される可能性が極めて高いです。

過去には鍵垢の投稿にも関わらず、拡散されたケースもあります。

拡散される方法としては、ツイッターのリツイートなどがありますが鍵垢で投稿しても、画像をダウンロードされて再投稿されたり、スクリーンショットを撮られて拡散されたりすることがあります。

この際に問題となるのが肖像権。

芸能人などの著名人は、自分自身をブランディングすることで価値を作り出しており、価値を傷つけられたと判断されれば訴訟される可能性もあります。

そして、このようなトラブルが職場からの情報の流出ともなれば、勤務先にも損害を与えてたと判断され、勤務先からも懲戒処分を受けたり訴訟を起こされる可能性があります。

職場で得た情報は仲の良い友達や家族等関係なく、外部には漏らさないようにしましょう。

また、自らの言動で企業価値をそこねないように注意することも必要です。

Yahooニュース:カラオケ「まねきねこ」が謝罪 スタッフ暴行映像 https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/3a180d8ab78ff8667af896fb999c9ad54823be18&preview=auto

アルバイトを探すなら求人サービス

これまで紹介したやってはいけないことをチェックしたら、次はアルバイト探し!

アルバイトを探す上でおすすめは求人サービスを使うことです。

求人サイト選択時のポイントは

  • 自分の住んでる地域の求人が豊富か
  • 自分がやりたい求人はあるか
  • 条件は明確に記載されているか

これらの条件が揃った求人サイトを使うことでスムーズに自分にあったアルバイトを見つけることができます。

おすすめ求人サービス

アルバイトを探す上でおすすめは以下のサービスです。

アルバイトEX



増額中♪5万円のお祝い金!
Wお祝い金で最大10万円!
バイト求人【アルバイトEX】

アルバイトEXはバイトルなど21個の求人サイトから自分にぴったりのアルバイトを見つけることができる求人検索サイトです

アルバイトEXを使えば、いくつもの求人サイトを見比べる必要がないので簡単にアルバイトを探すことができます。

全国の求人をカバーしていて、さらには条件を絞って検索できるのも嬉しいポイント。

東証プライム上場企業」のじげんグループが運営しているサービスなので安心して利用することができます。

※「東証プライム上場企業」とは、厳しい条件をクリアした企業が上場できる株式市場です。新興市場とは違い業績の安定性しており財務の健全性が高いのが特徴です。

しかも、今ならアルバイトEXで応募をした対象者の方には『最大10万円』のお祝い金をプレゼントしているので、ぜひご利用ください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アルバイトは簡単に始められて、社会経験やお金を得られる素晴らしい体験です。

やってはいけないポイントを押さえたら、あとはがんばるだけ!

この記事の内容に注意して、充実したアルバイト体験をしましょう!

こちらの記事もおすすめです。

アルバイトから正社員へ|小売業のアルバイトで身に付くスキルと就職活動での活かし方
小売業でのアルバイトはきついとか、スキルが身につかない等と言われていますが、小売業でのアルバイトはそんなにひどいことばかりでもありません。小売業でのアルバイトでも身に付くスキルはあり、就職活動でのアピールポイントもあります。また小売業でのアルバイトは多くの人がスキルが身に付かないと思っている為、就職活動の際にアルバイト経験をうまく伝えることによって他の人と差別化をすることができます。