PR

【小売業】チラシや資料作成で使えるデザインのコツ4選

【小売業】チラシや資料作成で使えるデザインのコツ4選ビジネススキル
【小売業】チラシや資料作成で使えるデザインのコツ4選

デザインは多くの社会人が学んでおいて損のないスキルです。

社会人をしていると、遅かれ早かれデザインで人に伝える必要が出てきます。

・企画書、提案書
・集計表
・陳列・売場作成
・POP

少し物を整理する、など些細なことにもデザインのスキルが関係してきます。

デザインを学んだことがない方におすすめの書籍が『Robin Williams著:ノンデザイナーズ・デザインブック』です。

この記事では、ノンデザイナーズ・デザインブックを参考に、デザインを学んだことが無い方でも簡単に実践できる4つの原則をお伝えします。

スポンサーリンク

デザインの4つの原則

近接

近接の原則とは、関連する項目をまとめてグループ化することです。

近接の原則を使うことでデザインに秩序ができ、以下の効果が期待できます。

・読者が一瞬で情報が理解できるようになる

近接のポイントは以下の3つ。

近接のポイント

関連する要素はまとめる

関連する要素をまとめて1つのユニットにしユニット間に空白を設けることで、どこから読み始めるかが明確になり、全部読んだことがわかるようになります。

下の図は関連する要素をまとめていないパターンです。

関連する要素がまとまっていない場合

日時や場所の間に空白が無いため、見づらくなっています。

関連する要素をまとめたのが下の図です。

関連する要素をまとめて空白を設けた場合

それぞれの項目が見やすくなりました。

関連する要素はグループにまとめる

関連する要素はグループにすることで視覚的にまとまります。

以下は関連するようがバラバラな例です。

次に関連する要素をグループ化した例です。

社名、名前、住所をそれぞれグループ化したことにより、見やすくなりました。

関連する要素は近づける

関連する要素を近づけることで、要素同士の関連性が明確になります。

左:関連する要素が離れている|右:関連する要素が近づけてある
※スライダーで画像の切り替えができます

コントラスト

コントラストを付けるメリットは次の2つです。

・視覚に面白味加える
・情報を組織化する

簡単にコントラストを付けるポイントは以下の4つ。

簡単なコントラストの付け方

大きな文字と小さな文字を組み合わせる

大きな文字と小さな文字を組み合わせることで、主張したい部分が伝わりやすくなります。

左:文字の大きさが一緒|右:大小の文字を組み合わせた
※スライダーで画像の切り替えができます
暖色と寒色を組み合わせる

対照的な色を使うことでコントラストを生み出すことができます。

左:単色|右:暖色と寒色を組み合わせた
※スライダーで画像の切り替えができます
書体を変える

見出しと説明等の書体を変えることでコントラストを生み出すことができます。

左:全て同じ書体|右:見出しに強いコントラストを付けた
※スライダーで画像の切り替えができます
線の太さを変える

線の太さを変えることでメリハリが出ます。

線の太さは倍くらいに、おもいきってメリハリをつけましょう。

左:全て同じ太さの線|右:下部の線を太くしコントラストを付けた
※スライダーで画像の切り替えができます

整列

同じデザインを繰り返すことで、より整って見えるようになります。

整列のポイントは以下の2つ。

整列のポイント

ベースラインを揃える

ベースラインを揃えることで、デザインが整って見えるようになります。

左:文字のベースラインが揃っていない|右:文字が左揃えになっている
※スライダーで画像の切り替えができます
揃え方は統一する

整列方法を統一すると、デザインが良く見えます。

左:左揃えと中央揃えが混ざっている|右:左揃えで統一されている
※スライダーで画像の切り替えができます

反復

デザインを反復することで、デザインの全てを一体化させ、視覚的な面白さを加えることができます。

反復のポイント

反復の仕方に統一感を持たせる

デザインが複数ページに及ぶときは、ページ間のデザインにも統一感をもたせるようにしましょう。

左:記号がバラバラ|右:同じ記号が反復されている
※スライダーで画像の切り替えができます

まとめ

いかがでしょうか。

今回は仕事で活かせるデザインスキルが身に付く、『Robin Williams著:ノンデザイナーズ・デザインブック』からデザインの原則を紹介しました。

デザインの4つの基本は以下の4つ。

・近接
・コントラスト
・整列
・反復

デザインについてより詳しく知りたい方は是非書籍をご覧になってみてください。

ビジネススキルに関しては下記の記事もおすすめです。