PR

職場の無礼(失礼)な人がもたらす損害5選とその対処法『Think CIVILITY 』

コミュニケーションスキル
無礼な人がもたらす損害5選とその対処法

どこの職場にも1人はいそうな、無礼な人や失礼な人。嫌な思いをするだけではなく、仕事もやりづらいですよね。

職場に1人でも無礼な人がいると、チーム全体での仕事の生産性が落ちることが分かっています。

人間関係が理由で退職転職をする方も少なくはありません。

今回の記事では無礼な人に関して以下の内容を説明します。

今回の記事のポイント
  • 無礼な人がもたらす損害
  • 無礼な人の見極め方と接し方
  • 礼節がもたらすメリットと礼節を守るための原則

この記事の内容は書籍『Think CIVILITY』を参考にしています。

スポンサーリンク

「人間関係が原因」で正社員を辞めた男女の割合

厚生労働省:仕事をやめた者の退職理由

人間関係が原因で正社員を辞めた方のうち、男性では18.6%、女性では11.7%の方が無職になっています。

無礼な人は会社にと百害あって一利なしです。

無礼な人がもたらす5つの費用

無礼な人がもたらす費用は次の5つです。

小売業でスキルアップ:無礼な人がもたらす5つの費用

同僚の健康を害する

無礼な人は同僚の健康を害します。

仕事上の対人関係が、心身に影響を与えることがわかっています。

日々ストレスを感じながら仕事をしている労働者は、そうでない労働者に比べ、医療にかかるコスト46%高くなります。

テルアビブ大学の調査結果

多様な職種の820人の大人を20年にわたり、追跡調査を行った結果、職場に友好的でないひとがいると死亡リスクが高まることが分かった。

会社に損害をもたらす

職場で発生する事故の60~80%はストレスが原因で、その大半が人間関係によるものです。

無礼な人は職場に9つもの悪影響を及ぼします。

会社にもたらされる9つの損害

①48%の人が、仕事にかける労力を意図的に減らす。

②47%の人が、仕事にかける時間を意図的に減らす。

③38%の人が、仕事の質を意図的に下げる。

④80%の人が、無礼な態度を気に病んでしまい、そのせいで仕事に使うべき時間を奪われている。

⑤63%の人が、無礼な態度を取る人を避けるために、仕事に使うべき時間を奪われている。

⑥66%の人が、自分の業績は低下していると答えている。

⑦78%の人が、組織への忠誠心が低下したと答えている。

⑧12%の人が、他人の無礼な態度が原因で転職をした経験があると答えている。

⑨25%の人が、無礼な人にストレスを感じたせいで、顧客への対応が悪くなることがあると答えている。

まわりの思考能力を下げる

無礼な態度を一度でも体験すると、集中力が低下することが分かっています。

無礼な態度が思考能力に与える影響

1.アナグラム(言葉に関するテスト)の結果が33%も悪くなった

2.ブレーンストーミング(想像力のテスト)の結果が39%悪くなった

参考:アナグラム/ブレーンストーミング Wikipedia

まわりの認知能力を下げる

無礼な単語を見ても認知能力は下がることが明らかになっています。

無礼な単語を並べ替える実験結果

提示された単語を使って文を作る作業をしてもらったところ、無礼な態度を連想させる単語を提示された被験者は、その後の実験で、そうでない被験者の1/5しか結果を出せなかった。

失礼な文面のメール等は、読んだ方の生産性を下げる原因になります。

まわりを攻撃的にする

一度でも侮辱的な発言をされると、言われた側に否定的な思考が染みついてしまいます。

「remdue」というアルファベットを並べ替えて、「demure(控えめな)」という単語を作る人がいる一方で、「murder(殺人)」という言葉を思いつく人もいます。

誰かに無礼な扱いを受けてからこの作業(文字の並べ替え)に取り組むと、そうでない場合よりも、「murder」を最初に思いつく可能性が8倍に高まるのです。

無礼な人の見極め方

無礼な態度には主に以下の8つがあります。

無礼な態度8選
  • 挨拶をしない
  • 必要なコミュニケーションをとらない
  • 時間にルーズ
  • 人の成果を横取りする
  • 失敗を人になすりつける
  • 他人を認めない
  • 人前であざける、軽く扱う
  • 噂話を広める

意図せず相手を傷つけることもある

本人に自覚が無くても、知らず知らずのうちに相手を傷つけることもあります。

例えば出生や政治、お金、性的思考や容姿などに関する話題は注意が必要です。

無礼な態度への対処法

すぐにやり返さない

無礼な態度を取ってくる人の中には、あなたを落とし込めようと計算して接してくる方もいます。

イラっとするとついやり返したくなるものですが、感情的になることで自分の評判に傷をつけてしまうこともあります。感情的にならないように気をつけましょう。

距離を置く

無礼な態度は伝染します

人は、他人の敵意、攻撃性に触れると、無意識にその後の行動を変えてしまいます。

無礼な態度は感染力が強いので、悪影響を避けるには、無礼な態度を取る人とは距離を置くのが一番です。

あなたが管理職などで人事権があるならば、無礼な人を自分のチームには入れないようにしましょう。

また、同僚などに無礼な態度を取る人がいた場合も必要以上に接点を持たないようにしましょう。

直接連絡は取らず、人を返して連絡する、担当業務を変えてもらうなどで対処しましょう。

自己肯定感を高める

自己肯定感の高い人はストレスの影響を受けにくくなります。

それは、自己肯定感が高い人ほど前向きな価値観を持っているからです。

小売業でスキルアップ:自己肯定感を高める7つの方法

目標を定め進捗を実感する

「自分はうまくいっている」と思うことで、誰かに無礼な態度を取られても自分を見失うことが少なくなります。

目標を定め進捗を実感することで、やる気を高める効果があります。

自分を成長させてくれるものを見つける

趣味やスポーツや学習等、自分を成長させてくれるものに打ち込むことで心のバランスを取ることができるようになります。

社内でも社外でも自分を成長させてくれるものを見つけることが重要です。

メンターの助けを得る

ロールモデル(考え方や行動が他の人の規範となる人物)を得ることで、様々な状況への対処法を学ぶことができます。

必要な時に自分を助けてくれる人がいることで、精神の安定を得ることができます。

食事・睡眠・運動・マインドフルネスを活用する

マインドフルネスのようにゆとりある時間を確保することは、心の平穏につながります。

睡眠時間が減ると精神的に不安になりやすくなります。

運動をすると前向きな気持ちになりやすく精神の安定につながります。

良いエネルギーを保つには、健全な食生活も有効です。健全な食生活をすることで心身の健康を保つことができます。

仕事に意味を見だす

自分は成功していると感じられていれば、他人の言動に自分の感情を左右されにくくなります。

仕事に意味を見だすためには、自分のしている仕事が顧客の何に貢献しているかを認識することが大切です。

社内外で良い人間関係を築く

良くない人間関係は、良好な人間関係の4倍~7倍の影響を与えると言われている。

悪い人間関係に力を奪われないようにするためには、自分の周囲に、一緒にいると元気になれる人がいることが不可欠です。

自分の努力では限界を感じた時は心身を壊す前に転職も考える必要があります。

礼節がもたらす5つのメリット

無礼な態度が損害をもたらす一方で、礼節のある態度は会社や個人に良い影響をもたらします。

無礼な態度が伝染するのと同様に、礼節のある態度も伝染します。

礼節がもたらすメリットは次の5つ。

小売業でスキルアップ:礼節がもたらす5つのメリット

仕事が得やすい

一緒に仕事をする上で大切なのは、能力でしょうか、それとも親切で愛想のよい人でしょうか。

実際には、仕事の能力よりも「一緒に働いて楽しいか」を重要視する方の方が多く、礼節のある人には声がかかりやすい傾向があります。

幅広い人脈が築ける

礼節は人脈を築く上でも大切です。

人は感情の生き物。熱心なだけでは人は集まってきません。

出世の可能性が高まる

無礼な人よりも礼節のある人の方が「リーダーにふさわしい」とみなされる機会が多くなります。

出世とは自分が望んでできるものではありません。

周囲の人たちや評価者に、自分はそのポジションにふさわしいと思ってもらう必要があります。

チームで高い業績をあげる

先ほども説明したように、礼節ある態度は伝染します。

すなわち、個人のみではなく、チームで仕事をする上においても礼節はチームの心理的安全性を高めて、チーム全体としての業績へも好影響をもたらします。

従業員に安心感を与える

リーダーが礼節のある態度を示すと従業員やチームに安心感を与えることができます。

従業員に安心感を与えることで活発なコミュニケーションが生まれ、従業員やチーム全体が仕事に専念できるようになります。

礼節ある人が守る3つの原則

礼節のある行動をするためには、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

礼儀のある人が守る3つの原則

1.思いやりのある言葉をかける

2.笑顔を忘れない

3.話を最後まで聞く

笑顔を絶やさない

簡単だと思うかもしてませんが、ほとんどの人は自分で思っているほど日常生活で微笑んでいません。

子供が平均して1日に約400回笑うのに対して、1日に20回以上笑う大人は全体の約30%ほどです。

時々鏡を確認して、口角を上げて笑顔を意識し、周囲に良い影響を与える人になりましょう。

相手を尊重する

1828年創業、イギリスのコンサルティング会社タワーズ・ワトソンの調査によると、社員のやる気を最も大きく左右するのは、上層部の姿勢だそうです。

上層部が関心を向けてくれていると感じられれば社員はやる気を出すし、そうでなければあまり熱心に仕事に取り組まなくなります。

自分の地位は関係なく、相手を認め尊重するようにしましょう。

人の話に耳を傾ける

自分の話を聞かない人に話をしようとする人はいません。

話を聞かない人と一緒にいると、精神的に疲労を感じて一緒にいるのが嫌になってきます。

相手が話している時は話を遮らずに最後まで話を聞くようにしましょう。

聞くと話すの割合は2:1が適切です。

まとめ

今回は書籍『Think CIVILITY』を参考に以下の3つを説明しました。

ポイントのおさらい
  1. 無礼な人がもたらす損害
  2. 無礼な人の見極め方と接し方
  3. 礼節がもたらすメリットと礼節を守るための原則

無礼な人とは距離を置き礼節のある環境を作ることで、幸福度の高い生活を送れるようになります。