PR

高卒が生涯年収を上げるにはどうすればよいか|データで見る高卒と大卒の生涯年収の差

高卒が生涯年収を上げるにはどうすればよいか|データで見る高卒と大卒の生涯年収の差転職・就職活動
高卒が生涯年収を上げるにはどうすればよいか|データで見る高卒と大卒の生涯年収の差

こんにちは、うる蔵です!

当ブログ「小売業でスキルアップ」では小売業に従事する人が、仕事で成果を上げたり年収を上げるための情報発信をしています。

この記事では、高卒と大卒の生涯年収の差とその差を埋める方法を解説しています。

多くの方は企業内での昇給昇格や、転職による年収アップを望んでいます。

しかし一方で、企業には給与規定や採用基準があることも忘れてないけません。

今回の記事では高卒者が年収を上げる以下のポイントを説明しています。

今回の記事のポイント
  1. 高卒と大卒の生涯年収の差
  2. 生涯年収を増やすためにするべきこと
  3. 生涯年収を上げるためのステップは順番が大切

多くの方が、順番を無視した転職活動をしているために、生涯年収を上げることができないでいます。

スポンサーリンク

高卒と大卒の生涯年収差は4500万円

生涯年収とは、人が一生のうちに手にするお金のことを指します。

男女計の生涯年収と初任給は以下の通りです。

男女計の生涯年収と初任給
高卒と大卒の生涯年収の差は4500万円!?|高卒が確実に生涯年収を上げる方法:男女計の生涯年収と初任給

出展:平成30年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計2020』

男女計の生涯年収は大学卒で2億6,800万円、高専/短大卒で2億2,900万円、高校卒で2億2,300万円。

男女計の初任給は大卒で20万6,700円、高専/短大卒で18万1,400円、高校卒で16万5,100円となっています。

これからわかるように高卒と大卒の生涯年収にはおおよそ4500万円もの差があります。

高卒からの転職で年収アップができるのか

非現実的な転職モデル

高卒からの年収アップ方法として、転職による年収アップが広く進められていますが現実的ではありません。転職しても高卒であることに変わりはないからです。

高卒で統計的な生涯年収を大きく上回ることは、ごく一部の成功者を除いては難しいことは認識しておくべきです。

巷に溢れている高卒から年収1千万円達成している転職例は多くの方にとってはほぼ実現不可能です。

中小企業→大手メーカー→外資系への転職は困難

高卒から年収1千万円を達成した方の多くは、大手メーカーや、大手メーカーを経て外資系の企業へ転職をしています。

そもそも大手メーカーへの就職はハードルも高く、好条件を求めて多くの求職者が集まるため、大卒者との転職競争に巻き込まれます。

同じ土俵で競争するわけですから、学歴差の分、不利な戦いになることは間違いありません。

メーカーへの転職は学歴も重視されるため、特に若い世代で突出した職務実績が無い場合は非常に厳しいと言えるでしょう。

高卒からの転職の実態
  1. 高年収企業への転職は困難
  2. 優良企業は学歴も重視される

では生涯年収を上げるにはどうすれば良いのでしょうか。

生涯年収を上げるために大卒資格を取得しよう

多くの方にとって現実的な生涯年収を上げる方法とは何でしょうか。

それは大卒資格を取得することです。

一見難しいことのように思われますが、生涯年収を上げるために必要なステップは次の2つです。

生涯年収を上げるために必要な2ステップ
  1. 通信制大学で大卒資格を取得する
  2. 大卒者として転職する

通信制大学を利用すれば、大卒資格を取ることはそんなに難しいことではありません。

大卒資格の取得までにはもちろん学費がかかりますが、生涯年収差の4500万円の差を埋められると考えれば非常に安い自己投資になります。

大手企業や外資系の狭き門を狙うよりは遥かに難易度が低く、実行可能な手段です。

通信制大学なら空いた時間に大卒資格が取得できる

通信で学べる大学は以前は多くはありませんでしたが、今はインターネットが身近になったこともあって学校数も増えています。

通信制大学のカリキュラムは大きくスクーリングと呼ばれる、キャンバスに直接足を運ぶものと、メディア授業と呼ばれるインターネット環境を使った授業の2種類あります。

スクーリングとメディア授業は大学によって比率が大きく変わりますから、大学を選ぶときは自分にあったものを選びましょう。

自分に合ったカリキュラムを選択することが、無理なく卒業できることに繋がります。

通信制大学の卒業率は60〜80%

通信制大学の卒業率は60〜80%。

20〜40%の方が中退していますが、通信大学は卒業が難しいのでしょうか。

けっしてそんなことはありません。

卒業できなかった人に共通することは「勉強をやめてしまった」ということです。

勉強をコツコツ続けていればきちんと卒業することができます。

大学卒業後は大卒として採用してもらえる

大卒資格があれば、当然企業からは大卒者として扱われることになります。

今の職場では高卒としての給与テーブルでも、転職時には大卒者の給与テーブルに乗ることができます。

高卒でどうやって年収を上げるかよりも、企業の仕組みに合わせることが大切です。

自分に合った通信制大学を探そう

通信制大学といっても最近はたくさんの大学があります。

特色も大学によって違いますので、しょくさいしっかり確認することが大切です。

大学選びのポイントは以下の3つです。

大学選びのポイント

1.無理なく卒業できる

2.学費が安い

3.将来に活かせる知識が身に付く

また、大学によって選考や入学卒業難易度、学費など様々な要件が違いますので、まずは資料を取り寄せて見比べるところから始めましょう。

【通信制大学で取得できる資格】
大学卒業資格、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、社会教育主事、認定心理士、臨床心理士、司書、小学校教諭免許、中学・高等学校教諭免許、博物館学芸員、幼稚園教諭免許、特別支援学校教諭免許など

大学を卒業してから転職をする

転職するなら、通信制大学を卒業した後にしましょう。

大卒者として企業に採用されることで、大卒者の給与体系になり生涯年収を上げることができます。

転職時には自分の成長のために通信制大学に通ったことが採用担当者に伝わるように、前向きな気持ちを伝えるように心がけましょう。

横(キャリア維持)の転職は比較的ラク

競争率の高い大企業や外資系企業への転職は難しいことは以前説明しました。

大卒資格を取得することのメリットはキャリア維持の転職でも年収が上がることです。

今の勤め先が中小企業なら、同じ業界の上場企業へ転職するだけでも年収は上がります。

また今の職場がいわゆる業界大手でも、同業他社へ転職し大卒者として採用してもらうことで、年収が上がります。

他業種や、キャリアアップの転職は実務経験が厳しく問われるので難しいですが、キャリア維持の転職は志望理由さえしっかりしていれば比較的容易です。

転職のポイントについては以下の記事を参考にしてください。

まとめ

今回は高卒と大卒の生涯年収差と、その差を埋めるための方法を説明しました。

生涯年収を上げるためのポイントは以下の2つ。

生涯年収を上げるために必要な2ステップ
  1. 通信制大学で大卒資格を取得する
  2. 大卒者として転職する

高卒者が生涯年収を上げるために、転職までの計画性がたいせつです。

これからもしっかり学んで一歩ずつ成長していきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。