PR

採用面接の後で合否の連絡が来ない場合の原因理由と対処方法

採用面接の後で合否の連絡が来ない場合の対処方法転職・就職活動
採用面接の後で合否の連絡が来ない場合の対処方法

緊張した面接が終わったとはいえ、合否が分かるまでは落ち着かない方が多いでしょう。合否の連絡が来ないときはなおさら焦ってしまします。合否の結果によっては他社の採用を辞退したり、受け入れたりと自分の将来にも大きく影響します。

今回の記事では、採用面接の連絡が来ない場合に関して以下の3点を解説しています。

今回の記事のポイント
  • 合否の連絡が来ない理由
  • 連絡が来ない時の対応方法
  • 連絡が来なくても焦らない方法
スポンサーリンク

合否の連絡が来ない理由4選

採用面接の合否連絡が来ない理由は大きく分けて以下の4つです。

合否の決定が難航している

企業の採用担当者の人数はあらかじめ決まっています。

したがって、求人を出した時に予想以上の応募があると、選考などに多くの時間がかかることになります。それに加えて元々大量の人員を採用予定だった場合などは輪をかけて選考が忙しくなります。

企業側にも採用の枠がある以上、採用担当者もその枠内で良い人、会社の戦力になる人を採用したいと考えています。そのため、複数人を比較しながら選考を進めることになり、採用ライン付近にいる方への合否の連絡は遅れがちになることもあります。

上長とのやり取りなど手続き上の理由により連絡が遅れている

一次面接から二次面接、二次面接から最終面接など、上長の承認が必要な時も、社内の手続き上の時間がかかることがあります。

さらに、次の面接の予定を立てる上で、面接予定者の総数、それに伴う会場の予約等と、採用担当者が調整しなければならないことは多岐にわたります。採用担当者のスケジュールに余裕があるときは応募者との調整もスムーズに行えるでしょうが、採用担当者は面接の他に、会議や各種関係者との調整や採用計画の策定など多くの業務を並行して行っております。緊急の業務が入ってきてしまうことなどにより、計画通りに物事が進まなくなることも珍しくはありません。

このような事情により、合否の連絡が遅れてしまうこともあります。

採用担当者が連絡を忘れていた

採用担当者も人の子。本来あってはいけませんが、うっかり連絡を忘れてしまうこともあります。連絡を忘れるパターンとして、不採用や補欠枠だから連絡を後回しにしていたパターンや、採用を決めたが業務に追われてそのままうっかり忘れるという場合があります。採用担当者が連絡を忘れていた場合は、いくら待っていても合否の連絡が来ることはありません。連絡予定日を過ぎても連絡が無い場合は、丁重に合否連絡を催促してみましょう。

実は連絡が来ていた

合否の連絡は主に、電話・メール・郵送で行われます。

未登録電話番号を着信拒否していた

合否の連絡が電話でくる場合、会社の代表電話や支店の電話など、複数の電話のいずれかから連絡が来る可能性があります。未登録電話番号を着信拒否する設定にしていた場合に、想定していなかった電話番号から連絡がきてしまうと、電話を受けられないことがあります。

採用面接を受けている期間は、知らない電話番号からの電話も通知されるように設定を変えておきましょう。

迷惑メールフォルダに通知が来ていた

GmailやOutlookなどで、受信したメールが勝手に迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう現象が発生しています。勝手に振り分けられる理由としては主に以下の3個。

迷惑メールに振り分けられる理由や原因
  • メインのアドレスと似ている
  • サーバーが普段と違う
  • 不審なURLが入力されている

大事な連絡がうっかり迷惑メールフォルダに振り分けられていることもありますので、採用面接を受けている期間は迷惑メールフォルダも念のため確認するようにしましょう。

郵便物に混ざっていた

日々郵便ポストには、ポスティングチラシやネットショッピングでの購入商品、家族への郵便物など多くの郵送物が入れられています。企業からの合否の郵送物とはいえ、見た目が保険の案内などの郵便物と似ていることもあります。しっかり確認しないと見逃してしまうこともありますので、郵便物の中に混ざっていないか注意が必要です。

また、家族と同居している際は、家族に面接を受けていることや企業からの郵便物が届く可能性があることは伝えておきましょう。世の中には多くの企業があり、家族が知らない企業からの郵便物を不振に思ってしまうこともなくはありません。届いた郵便物がきちんと手元に渡るように、必要最低限のコミュニケーションはとっておきましょう。

連絡が来ない時の対処方法

採用面接後に入社の意欲がなくなってしまった企業からは、仮に連絡がなくてもそれほど困らないでしょう。しかし、入社したい企業に応募される方がほとんどでしょうから、やはり企業からの連絡が来ないと不安になってしまいます。

企業からの連絡がないときの対処方法は以下の〇点。

連絡予定日を過ぎてから連絡をする

採用面接の際に「〇日以内に連絡します。」など、明確に連絡の期日を指定する企業が多いでしょう。

「〇日以内に」など期日を指定された場合に、それより前に合否を催促するのはマナー違反です。必ず期日を1~2日以上過ぎてから連絡をするようにしましょう。

「上旬ごろ」「来週中」「今日から10日前後」など幅を持たせた期日を伝えられたときは、その範囲が終わってから4~7日ほど間を開けて連絡をすると、こちらは指定された期間充分待ったが、連絡が来ないのでやむなく問い合わせしました、という意向が伝わりやすくなります。

連絡がないのは採用担当者の落ち度とはいえ、こちらの合否は相手に委ねられています。丁寧な対応を心掛けるようにしましょう。

電話かメールで問い合わせる

合否の連絡を催促する時も、相手を配慮した聞き方をすることが大切です。

「合否を教えてほしい」と直接聞くのではなく、「合否の連絡がいつになるのか改めて教えてほしい」とオブラートに包んで聞いた方が採用担当者の心証を悪くする可能性が低いです。このように間接的に催促する言い方は社会人になってからも必要とされますので、最低限のマナーとして押さえておくようにしましょう。

電話例

お世話になっております。

私、〇月〇日に御社の採用面接をさせていただいた〇〇と申します。

面接の件に関して、お伺いしたいことがあるのですが、○○様(採用担当者)はいらっしゃいますでしょうか。

(採用担当者に電話が引き継がれる)

お忙しいところ申し訳ございません。

私、〇月〇日に採用面接をさせていただいた○○と申します。

先日は面接の機会を賜りありがとうございました。

先日の面接時に合否の発表が〇日と伺っておりましたが、改めて状況を確認させていただきたくご連絡させていただいております。おおよそでかまいませんので、いつ頃までにご連絡をいただけるか教えていただくことは可能でしょうか。

メールの例文

【件名】
〇月〇日の面接に関するお問い合わせです。

【本文】
株式会社○○ ○○部 ○○様

お世話になっております。
〇月〇日に××職の面接を受けさせていただきました○○と申します。
先日は面接のご機会を賜り、誠にありがとうございました。

表題の件に関してですが、面接の結果につきまして〇月〇日までにご連絡をいただけるとのことでしたので、改めて現在の状況を確認させていただきたくご連絡させていただいております。

お忙しいところ恐縮ですが、選考結果の連絡がいつ頃になるかにつきまして、ご教示いただくことは可能でしょうか。

何卒よろしくお願い申し上げます。

〒〇〇〇‐〇〇〇

住所:

名前:

Tel:〇〇〇‐〇〇〇‐〇〇〇

E-mail:(自分のメールアドレス)

連絡が来なくても焦らない方法

履歴書や職務経歴書、スケジュール調整、面接対策等、苦労して面接をしたにも関わらず、合否の連絡が期日になっても来ないと焦ってしまいます。焦れば焦るほど余裕がなくなり、気疲れしたり日常生活にもメンタルにも悪影響を与えかねません。

採用面接は、初歩の準備の段階から内定まで、時間にもメンタルにも余裕をもって臨むことが大切です。心に余裕があれば、面接時に普段の自分をよりよくアピールできるでしょう。

連絡が来なくても焦らない方法は以下の〇点です。

複数の企業を並行して受ける

「ここを落ちたら後がない」など、一社の重要性が高くなれば高くなるほど、連絡を待っている間のプレッシャーが高くなります。

中小企業庁によると、世の中には300万社以上の企業があります。あなたに合った良い企業は1社だけではないはず、複数の企業に応募することによって、相対的に1社あたりの重要度も下がります。

また複数回面接を行うことによって、面接という独特な状況に慣れることができ、力を抜いて面接をできるようになります。求人は幅広い媒体から探し、本命の企業以外にも2~3社の面接を受けてみましょう。その際に、可能ならば本命の企業を最後にすると、面接に慣れた状態で本命の採用面接に臨むことができます。

就職転職エージェントを利用する

応募者個人が企業に連絡をするのは、気が引けるものです。また、スケジュール管理や催促も自分ですることになるため負担が増えます。

それを代わりに行ってくれるありがたい存在がエージェントです。エージェントの多くは企業へ求職者を紹介し、内定者の年収の〇%をもらうという契約になっているため、多くの就職転職エージェントを求職希望者は無料で利用することができます。

これらのサービスを利用するとエージェントが企業との間に入ってくれるため、応募から内定まで手厚いサポートを受けることができます。合否の連絡も期日を過ぎれば企業に確認してくれますし、その後の年収交渉なども行ってくれます。

就職転職は大きな労力を必要とします。エージェントの活用も視野に入れましょう。

おすすめ就職転職エージェント

全国規模でサービスが受けられて、多くの方におすすめできるのが以下のエージェントサービスです。

リクルートエージェント

業界最大級の非公開求人数を誇るリクルートエージェント

リクルートエージェントは最大級の求人数のみならず、エージェントのサポート体制も充実しています。

履歴書や職務経歴書作成のサポートが受けられる

フリーターであれば、履歴書や職務経歴書の記入にも不安があるのではないでしょうか。

リクルートエージェントでは、履歴書や職務経歴書の作成をサポートしてもらえます。

自分のスキルをどうアピールするかは、求職者の悩むところです。これまでの自分の経歴を伝えることで、エージェントから適切なアドバイスを得ることができるでしょう。

応募企業が重要視していることを聞ける

求職者である自分と、企業との間にエージェントが入っているメリットは大きいです。全ての企業ではありませんが、気になる企業の社風や経営陣の性格なども聞くことができ、面接対策や求人の取捨選択に役に立ちます。一歩踏み込んだ情報が得られるのは転職エージェントならではです。

面接のサポートを受けれられる

上で説明るのみならず、自分の強みや弱みの洗い出しや面接のサポートも受けることができます。

転職の専門家であるエージェントは、多くの求職者や企業とのつながりがあります。その経験を踏まえた面接のサポートを受けられるため、サポート内容も再現性の高いものとなっています。

不明な点は質問し、サポート体制をしっかり生かすようにしましょう。

一般求人から、一般公開できない非公開求人まで魅力的な求人に出会うことができます。

エージェントが履歴書作成から面接準備、年収や入社日などの条件交渉までしてくれるので転職に不慣れな方でも安心して転職活動を行うことができます。

リクルートエージェントの特徴

1.転職実績No.1 ※2022年6月時点

2.非公開求人数21万件以上 ※2022年9月度

3.専門コンサルタントがフルサポート

まとめ

いかがでしょうか。

今回の記事では面接の合否連絡が来ない時の対処方法に関して以下の3点を解説しました。

今回の記事のポイント
  • 合否の連絡が来ない理由
  • 連絡が来ない時の対応方法
  • 連絡が来なくても焦らない方法

あるはずの連絡が無いと不安になるものですが、適切なリスク管理を行うことで、不必要な不安から解放され、充実した求職活動を行うことができます。必要に応じてエージェントも活用し、充実した社会人生活を送れるようになりましょう。