PR

【小売業】PI値とは|計算方法や詳細をわかりやすく説明

PI値の計算方法や詳細をわかりやすく説明小売業の計数中級編
PI値の計算方法や詳細をわかりやすく説明

小売業では、PI値を用いて商品の売れ行きが好調かを判断することが少なくありません。

特にチェーンストアの店長以上の役職者ともなれば、自分の管轄する店舗やエリアで、売れるべき商品がしっかり売れているか、売り逃しが無いかは確認しておく必要があります。

PI値とは、経営効率を見直すための計数であり、指標として活用することで、適切な売上管理ができるようになります。

今回の記事では、店長やそれ以上の役職を目指したい方が知っておきたい、PI値に関して以下の3つを解説しています。

今回の記事のポイント
  • PI値とは
  • PI値の計算方法
  • PI値の活用方法

この記事の執筆者の経歴は以下の通りです。

執筆者の経歴
  • 大手小売業3社で店長やスーパーバイザーを経験
  • 社員研修や新人店長育成経験あり
スポンサーリンク

PI値とは

PI値のPIとは、「purchase(購買) index(指数)」の頭文字をとったものです。

購買指数とは、主にレジを通過したお客様1,000人あたり、特定の商品がどのくらい売れたかを意味します(販売数量PI値)。

PI値は、小売業の経営効率性を判断するために使われます。販売数量PI値が一般的ですが、売上高PI値や粗利益PI値を活用している企業もあるようです。

この記事では、PI値=販売数量PI値として解説しています。

PI値の計算方法

PI値は以下の式で計算することができます。

PI値の計算式

PI値=(販売数量÷レジ通過客数)×1,000

例えば、レジ通過客数が10,000人でペットボトル飲料が100本売れていた場合

(ペットボトル飲料100本÷レジ通過客数10,000人)×1,000=10

PI値は10となります。

※計算式の「販売数量」を「売上金額」や「粗利益高」に置き換えることで、販売数量以外のPI値も計算することができます。

PI値のワナ

PI値を活用する時に注意する点は

PI値計算式の仕組み

PI値=(販売数量÷レジ通過客数)×1,000」であることは解説しました。

この計算式の仕組み上、10,000人のレジ通過客数のうちの1人がペットボトル飲料を100本買っても、100人がそれぞれ1本ずつペットボトル飲料を買っても、PI値は同じく10となります。

計算式に当てはめると、上記のどちらの購買パターンも

(ペットボトル飲料100本÷レジ通過客数10,000人)×1,000=10

となるからです。

特殊な購買パターンを考慮する

PI値は、ごく少数の方が大量買いをしても高くなることがあるため、PI値が高くても、購買の背景にも注意する必要があります。

インバウンド

海外からの観光客は特定の商品をまとめて買っていくことがあります。

出典:SHOPDX

海外からの観光客と日本人客とでは、売れる商品も変わります。

インバウンド需要に偏り過ぎると、近隣の顧客からの支持を集められなかったり、インバウンド需要がなくなったときに大きく売り上げを落とす可能性があります。

特定のイベント

学校行事や会社で食べ物や備品等が必要になったときに、業者ではなく近くの小売店から調達するケースもあります。

関係者に配布するためのペットボトル飲料やおにぎり等を数十個準備したり、イベント用にボックスティッシュを数十個準備する等です。

このような購買パターンもPI値に影響します。

突発的で反復性のない需要を、勘違いして発注や売り場作成に取り入れてしまうと、在庫過多になってしまったり顧客の支持を集めれない売り場になってしまいます。

PI値のワナにはまらないために

PI値を活用する際は、上で説明したケースのように「特定の偏った需要の影響を受けていないか(影響は少ないか)」を考慮する必要があります。

比較する

PI値のワナにはまらないためには、比較することが大切です。

チェーンストアであれば、似たような立地や規模の店舗と比較したり、会社平均と比較することで、判断の誤りを減らすことができます。

情報に敏感になる

PI値の高い商品が一過性のブームの影響かどうかを判断する為には、ニュースやトレンドを知っておくことも必要です。

今はネットニュースも充実していますので、たまにネットニュースをチェックしておくと、世の中のどうこうがなんとなくわかると思います。

Yahoo!ニュース

まとめ

多くの顧客に購入してもらえる売れ筋を見つけ、しっかり展開することで多くの顧客からの支持を集めることができます。

PI値は小売業従事者に身近な計数ではなく、店長や副店長あたりの役職者が研修で学ぶ内容です。

適切にPI値を活用することによって、合理的な商品展開や売り場の管理をすることができます。

この機会にPI値を覚えて、スキルアップにつなげましょう。