PR

スーパーマーケットとドラッグストアの違いを業界人が徹底解説

業界情報
スーパーマーケットとドラッグストアの違いは?わかりやすく解説

世の中には様々なお店があります。スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター、百貨店、コンビニエンスストア、専門店etc…

スーパーマーケットであれば食品、ドラッグストアであれば医薬品や化粧品、ホームセンターであれば家具や家電等をメインに販売しています。これらお店の商品の売り方の違い「業態」と言います。

今回の記事ではスーパーマーケットとドラッグストアにおける業態の違いを解説します。

今回の記事のポイントは以下の2点を徹底解説します。

今回の記事のポイント
  • スーパーマーケットとドラッグストアの違い
  • それぞれの特徴

記事の執筆者の経歴は以下の通りです。

この記事の執筆者
  • 小売業従事歴20年弱
  • 様々な業態を経験
スポンサーリンク

小売業の業態|スーパーマーケットとは


スーパーマーケットは小売業の一つの業態であり、顧客に手頃な価格で広範な商品を提供し、日常の食品と必需品を供給しています。価格競争が激しく、多くの場合顧客にとって便利な場所に位置しています。スーパーマーケットは以下の特徴を持っています。

スーパーマーケットでの取り扱い商品

スーパーマーケットでの取扱商品は野菜果物乾燥食品缶詰調味料飲料冷凍食品等の食料品が中心です。その他についで買いをしてもらうための日用品(洗剤、トイレットペーパー、シャンプーなど)なども含まれます。スーパーマーケットの中には、衣料品や家庭用品、家具等も提供しているお店もあります。

商圏の広い郊外型のスーパーマーケットでは売り場面積を広く確保できるため、幅広い品ぞろえに。商圏の狭い都市型のスーパーマーケットでは、売り場面積が狭くなるため、品ぞろえを絞って店舗運営をする傾向にあります。

スーパーマーケットの店舗面積

スーパーマーケットは野菜や畜肉、鮮魚などを扱う為に、店舗面積の確保が重要なポイントです。スーパーマーケットの店舗面積は一般的に中程度から大規模で、数千平方メートルから数万平方メートル以上まで幅広い範囲になります。多くの商品を陳列し顧客に多様な選択肢を提供することで来店頻度を高めることができます。

下の画像は郊外型のスーパーマーケット(西友)とドラッグストア(ドラッグセイムス)の比較画像です。

スーパーマーケットの方が広い売り場面積を有していることがわかります。

スーパーマーケットの従業員数

スーパーマーケットの従業員数は、店舗の規模によって異なりますが、従業員数はドラッグストアよりも多くなる傾向にあり一般的には数十人から数百人以上の従業員が働いています。従業員にはそれぞれの役割があり、販売員、レジ係、棚卸しスタッフ、清掃員、管理職等さまざまです。

スーパーマーケットの平均年収

スーパーマーケットでの従業員の平均年収は企業によって異なります。

一般的には平均年収付近の範囲にあります。販売員やレジ係などのアルバイトやパートタイムの従業員は、最低賃金に近い収入を得ることが一般的です。

2023年10月1日時点での最低賃金は地域別に見ると沖縄・徳島が896円、高いところで東京が1,113円です。一般的にはこれらの時給が相場です。

ただし、パートアルバイトの昇給制度がある企業では、昇給することで時給を上げることができます。

一方、管理職や専門職の従業員は、より高い給与を受け取ることがあります。

2022年のスーパーマーケット正社員の平均年収は356万円ですが、上級職に昇進することで500~900万円の年収を得ることができます。

ドラッグストアとは

ドラッグストアは小売業の一つの業態であり、一般的に医薬品や健康製品、化粧品に特化しています。顧客に手頃な価格で広範な商品を提供し、日常の食品と必需品も供給しています。価格競争が激しく、多様性を持たせることで差別化を図っている傾向があります。多くの場合顧客にとって便利な場所に位置しています。ドラッグストアは以下の特徴を持っています。

ドラッグストアの取り扱い商品

ドラッグストアは、医薬品や健康製品を中心に様々な商品を取り扱います。一般的には、医薬品(処方箋薬およびOTC薬)、ビタミン、サプリメント、ヘルスケア製品、化粧品、ボディケア用品、衛生用品、ベビーケア製品、食品、スナック、生鮮食品、れ島食品、家庭用品等が含まれます。

ドラッグストアの店舗面積

ドラッグストアの店舗面積は一般的に小さく、数百平方メートルです。都市部や郊外に関わらずスーパーマーケットと比べると小規模な店舗が多い傾向にあります。

ドラッグストアの従業員数

ドラッグストアの従業員数は店舗の規模によって異なりますが、通常は数人から十数人の従業員が働いています。従業員は販売員、薬剤師、レジ係、棚卸しスタッフ、清掃員などさまざまな役割を担当します。業務は横断的でレジや品出し、販売や清掃等、幅広い業務を任される傾向にあります。

ドラッグストアの平均年収

ドラッグストアでの従業員の平均年収は地域によって異なりますが、一般的には小売業の中では中程度となっており、最低賃金+数十円程度の時給の企業が多いです。販売員や一般のスタッフの給与は低めな一方で薬剤師や管理職の従業員は、より高い給与を得ることがあります。

2022年のドラッグストア社員の平均年収は358万円ですが、上級職に昇進することで700~1,100万円の年収を得ることができます。

まとめ

小売業と一言で言っても、スーパーマーケットやドラッグストアを始め様々な業態があります。

今回はその中でもスーパーマーケットとドラッグストアの違いについて解説しました。

スーパーマーケットやドラッグストアはメインの取り扱い商品や店舗面積、年収等にも違いがあります。

今回の記事でスーパーマーケットとドラッグストアに関する理解が深まれば幸いです。