PR

効果の高いひげ脱毛の方法や種類を詳しく解説

ひげ脱毛の方法や種類を詳しく解説社会人のひげ脱毛
ひげ脱毛の方法や種類を詳しく解説

幅広い年代に関心の高いひげ脱毛ですがクリニックやサロンによって脱毛の方法や効果に違いがあります。

脱毛の方法には毛が生えてこなくなる「永久脱毛」や毛が薄くなる「抑毛」などがあり、自分の希望に合わせた施術を受けることが大切です。

クリニックやサロンで用いられる脱毛方法には

  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
  • フラッシュ脱毛

の3つの手段があります。

それぞれの違いを理解して、希望に合うクリニックを探しましょう。

スポンサーリンク

脱毛と抑毛の違い

クリニックやサロンによって「脱毛」なのか「抑毛」なのか、期待できる効果が変わります。

脱毛

「脱毛」の場合、不要な毛を根元から取り除きます。このアプローチは毛根にダメージを与え、毛を根本からしっかりと取り除くため、「不要な毛を完全になくしたい」という方におすすめです。

脱毛方法として、クリニックでの「医療レーザー脱毛」があります。

抑毛

「抑毛」とは、毛の成長遅くさせて、毛を全体的に薄く目立たなくさせていく施術方法です。毛は残りますが、施術を続けることで毛が目立たない状態を継続することができます。

比較的安価に施術を行うことができます。

脱毛の種類

脱毛の種類は大きく3つです。

医療レーザー脱毛

永久脱毛ができる医療レーザー脱毛は、黒いメラニン色素に反応する強いレーザーを照射することで毛根を破壊し脱毛効果を得るのが特徴です。

医療機関のみで施術が許可されている脱毛手段であり、効果が高い脱毛方法とされています。

美容エステサロンで利用されるフラッシュ(光)脱毛は刺激が弱いため、痛みは少ないですが効果が出るまでに時間がかかります。

ニードル脱毛

毛穴に針を指して電流を流し、毛乳頭を破壊するのがニードル脱毛の特徴です。

1つ1つの毛穴に直接針を差し込むため、最も高い脱毛を得ることができます。

日焼けした肌や色黒の肌の人でも脱毛ができ、さらに医療レーザーでは脱毛できない白髪も脱毛できるのが特徴です。

確実に脱毛できる反面、最も痛みが多く、最も費用が高い脱毛方法です。

フラッシュ脱毛

医療レーザー脱毛と同じ脱毛手段ですが、レーザーの出力が弱いため肌のダメージが少なく、1回の施術費用も安く手軽に脱毛の施術を行うことができるのが特徴です。

それ故に永久脱毛を効果を得ることはできなく、施術回数を重ねることで毛が薄くなるいわゆる「抑毛効果」を得ることができます。

多少体毛が生えていても気にならない、腕や脚の脱毛におすすめです。

まとめ

ひげ脱毛は適切な方法、適切なクリニックで施術を受けないと、脱毛期間が長引くだけではなく費用も高くなります。

短期間で効果を実感したいなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

適切なクリニックを選ばないとトラブルの原因にもなります。

しっかりと確認して、きれいなお肌を手に入れましょう。

脱毛で好印象を手に入れよう

医療脱毛なら【じぶんクリニック】がおすすめ!!





おすすめのポイント

    • 短期間で永久脱毛が可能!

    • パック料金でお得に脱毛ができる!

    • カウンセリング無料

    • 脱毛時の痛みが少ない

こんな方におすすめ

    • 見た目の印象を良くしたい

    • 若く見られたい

    • 肌をきれいにしたい

    • 青ひげとおさらばしたい

    • ひげ剃りの時間を短縮したい

ずーーーっと医療脱毛がしたくて、インスタで「VIO込み全身脱毛5回○○万円」と流れてくるクリニックの広告に揺れ動き、何件かカウンセリングを受けに行きましたが、やっぱり顔も含めると40万円近く。それで断念したのが続き、やっぱり脱毛自体辞めようかと思っていた所、じぶんクリニックでカウンセリングを受けました。
顔を含めても、他院に比べると驚くほど安くてびっくりしました。

出典:みん評

顔含む全身、初回で新宿院へ行きました。

【良かった点】
・部位ごとに、痛くないか確認してくれる
・作業が丁寧
・体制を変えるときに胸やお尻が見えてしまうが、施術してくれた方2名とも後ろを向いたり、広げたバスタオルで顔を隠したりして、恥ずかしさに配慮してくれた。

出典:みん評