PR

ひげ脱毛にかかる期間や回数は?|ひげ脱毛のポイントをわかりやすく解説

ひげ脱毛にかかる期間や回数を詳しく解説社会人のひげ脱毛
ひげ脱毛にかかる期間や回数を詳しく解説

ひげ脱毛は1回で効果を実感できる方もいれば、半年~1年以上通う必要があることもあります。

特に青ひげが気になるようなひげの濃い方ほど通院回数が増える傾向にあります。

今回の記事では、できるだけ短い通院期間で効果が出るポイントを解説します。

ポイントを押さえて効率的にひげ脱毛をしてきれいな肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

ひげ脱毛に必要な回数は?

通常、医療レーザー脱毛の場合は効果を実感できるまで約1〜4回ひげが薄くなってひげ剃りが楽になったなと感じるまでに約5〜7回、自他ともに違いが分かるほどツルツルになるまでに約10回前後の施術が必要です。

ひげには毛周期がある

ひげには毛周期という生え代わりのタイミングがあります。

成長期・・・毛が成長している時期

退行期・・・毛の成長が止まっている時期

休止期・・・毛が抜け落ちる時期

そして全ての毛が同じ周期ということはなく、様々な周期の毛が肌上には混在しています。

医療レーザー脱毛ではこれらの毛周期のうち、「成長期」の毛の毛根を熱で刺激を与える脱毛方法です。

したがって、1度で全ての毛を脱毛できることはなく、期間を開けて何度か施術を行う必要があります。

したがって、毛量の多い方ほど、施術期間が長くなる傾向があります。

通院の頻度はどのくらいか?

ひげ脱毛は3週間~2か月に一度通院するのが一般的です。

毛量の多い初期は3週間に一回程度が推奨です。

脱毛が進み毛量が少なくなってきたら、ある程度毛が生えそろうまで待ってから(2か月)施術を受けることでしっかりと効果を得ることができます。

ひげ脱毛ではなぜ期間を空けなければいけないのか?

ひげ脱毛で期間を空ける理由は主に以下の2点です。

  1. 毛周期に合わせるため
  2. 肌へのダメージを減らすため

毛周期に合わせるため

上でも説明したとおり、ひげには「成長期」「退行期」「休止期」の毛周期があります。

「成長期」のひげを脱毛した後に、新たに「成長期」のひげが生えそろう前に医療レーザーを肌に当てても効果はありません。

したがって、高頻度で脱毛を行っても一定以上の効果が見込めないばかりか、コスパの悪い施術となってしまうので、一定の期間を空ける必要があります。

肌へのダメージを減らすため

ひげ脱毛は毛根に医療レーザーで熱を加えて刺激を与えることで脱毛効果を得る施術方法です。

毛根に熱を加えるため、ひげ周辺の肌も熱でダメージを受けたり、ひげ周辺の肌が軽い火傷状になることがあります。

高頻度でひげ脱毛を行ってしまうと、肌への刺激が多くなり肌トラブルの原因となるので、傷ついた組織が回復するまで十分な期間を空ける必要があります。

効果的にひげ脱毛をするためにしてはいけないこと

効果的にひげ脱毛をするためにしてはいけないことは以下の7つです。

肌を乾燥させてはいけない

乾燥した肌というのは、肌のバリア機能が損なわれた状態です。

肌の表面には皮脂があり、肌を乾燥から守っていますが、乾燥した肌と言うのはこの皮脂のバリア機能が正常に働いていない状態を指します。

肌が乾燥した状態で、施術を受けると、熱の影響で肌トラブルの原因につながることがあります。

過度に肌が乾燥している状態だと、脱毛サロンやクリニックで施術を断られることがあります。

脱毛中には肌の保湿を忘れないようにしましょう。

肌の保湿にはオールインワンタイプの保湿剤がおすすめです。

化粧水や乳液を使い分ける必要がなく、時短でスキンケアができます。

保湿剤のおすすめはアベンヌミルキージェルです。

クリームが柔らかくて塗りやすいだけではなく、敏感肌にも使えるやさしさと、夜まで潤いが持続する品質の良さがポイントです。価格は少し高めですが、これ一つで他の化粧水や乳液が必要なく通年使えます。

日焼けをしてはいけない

医療レーザー脱毛をする方が施術前後に避けなければいけないのが、「日焼け」です。

日焼けを避けるべき理由は、医療用のレーザー光が「黒色メラニン」に反応するという性質があるためです。

日焼けをしてしまうと、レーザー光がムダ毛だけでなく皮膚にも「強力な熱エネルギー」を与えてしまうため、施術に支障がでます。したがって、日焼けをしていると施術を断られることもあるので、日焼けは絶対にしないようにしましょう。

顔にも使えるUVクリームが市販されていますので、日差しの強い日に外出する際はUVクリームの使用を忘れないようにしましょう。

毛を抜いてはいけない

毛抜きによって無理に毛を抜いてしまうと、埋没毛や毛嚢炎といったトラブルを引き起こす原因になってしまいます。

埋没毛とは、毛穴の中で毛が埋もれて、伸びた毛が肌の中に隠れてしまっている状態のことです。

埋没毛 出典:Wikipedia

毛抜きで毛を抜くことで、埋没毛ができやすくなります。

これは、毛を抜くことによって肌にダメージを与えてしまい、それが原因で角質層が厚くなるからです。

毛嚢炎は毛穴が炎症を起こす症状で、ニキビに似た赤みが出てくる症状です。

毛抜きなどで毛を引き抜くと、肌が傷ついて雑菌が入り込みやすくなり、毛嚢炎を引き起こしやすくなります。

これらの肌トラブルにより、脱毛がスムーズに行えなくなって、脱毛期間が伸びる場合があります。

また、毛を抜くことで毛を抜いた部分が「休止期」に入ってしまうなど、毛周期が乱れるため、脱毛期間が伸びる原因となります。

カミソリでひげを剃ってはいけない

ひげ脱毛をする前にカミソリで肌を傷つけてしまうと、毛嚢炎や肌荒れなどの原因となってしまいます。

また、施術は肌がデリケートな状態になっているので、できるだけ肌に刺激を与えないようにする必要があります。

カミソリでひげを剃ると肌が傷つきやすく、肌トラブルの原因となりやすいです。

また、カミソリでのひげ剃りは肌の表面の肌が削られてしまいます。肌の表面が削られると、内部の水分が外へ出てしまい乾燥の原因となります。

したがって電気シェーバーを使い、肌への負担を減らすようにしましょう。

不規則な生活をしてはいけない

不規則な生活やストレスはホルモンバランスが乱れる原因になります。

ホルモンバランスが乱れるとひげが濃くなってしまうおそれがあります。

ひげが濃くなると脱毛の期間や費用が増えてしまうことにつながりますので、規則正しい生活をして、ひげが濃くならないように気を付けましょう。

ひげ脱毛後に過度な運動や飲酒をしてはいけない

過度な運動や飲酒をすることで血流がよくなり、肌が敏感になります。

軽い火傷のような状態になっているひげ脱毛後に、過度に血流がよくなると、肌トラブルや発熱など体調悪化を引き起こすことがあります。

特に施術前後は、過度に血流のよくなる激しい運動や飲酒、サウナなどは避けるようにしましょう。

入浴やプールは感染症のリスクが高まってしまうこともあるので、脱毛後は公衆浴場やプールなどの利用はできるだけ控えるようにしましょう。

脱毛した後、クールダウンに努めるようにしましょう。

顔のほてりを感じている間は肌を整えるスプレーを使うことで、肌表面のミネラルバランスを整えることができます。

通院を継続できないクリニックを選んではいけない

ひげ脱毛は長ければ1年から2年ほどかかります。

自分が通いやすい立地やアクセス性が良い場所にあるクリニックを見つけて施術を継続することが大切です。

また予約の取りやすさもポイントです。効率よく脱毛をすすめるためにも、予約の取りずらいクリニックは避けるようにしましょう。

まとめ

今回はひげ脱毛に関してひげ脱毛にかかる期間や回数を解説しました。

しっかり事前準備をして効率よくひげ脱毛ができるようにしましょう。

脱毛で好印象を手に入れよう

医療脱毛なら【じぶんクリニック】がおすすめ!!





おすすめのポイント

    • 短期間で永久脱毛が可能!

    • パック料金でお得に脱毛ができる!

    • カウンセリング無料

    • 脱毛時の痛みが少ない

こんな方におすすめ

    • 見た目の印象を良くしたい

    • 若く見られたい

    • 肌をきれいにしたい

    • 青ひげとおさらばしたい

    • ひげ剃りの時間を短縮したい

ずーーーっと医療脱毛がしたくて、インスタで「VIO込み全身脱毛5回○○万円」と流れてくるクリニックの広告に揺れ動き、何件かカウンセリングを受けに行きましたが、やっぱり顔も含めると40万円近く。それで断念したのが続き、やっぱり脱毛自体辞めようかと思っていた所、じぶんクリニックでカウンセリングを受けました。
顔を含めても、他院に比べると驚くほど安くてびっくりしました。

出典:みん評

顔含む全身、初回で新宿院へ行きました。

【良かった点】
・部位ごとに、痛くないか確認してくれる
・作業が丁寧
・体制を変えるときに胸やお尻が見えてしまうが、施術してくれた方2名とも後ろを向いたり、広げたバスタオルで顔を隠したりして、恥ずかしさに配慮してくれた。

出典:みん評