小売業の計数初級編

小売業の計数初級編

【小売業】効率アップ|人時売上高・人時生産性の計算式と活用方法

人時売上高や人時生産性は昨今様々な小売企業で店舗運営の指標として用いられています。 店舗運営の見直しや人件費削減をする場合に重要な指標として考える必要性があります。小売業においてこの指標をどう活用するのか、ポイントを説明します。人時売上高・人時生産性の計算式、人時売上高・人時生産性の活用方法
小売業の計数初級編

【小売業】損益分岐点売上高と計算方法をわかりやすく解説

この記事では、小売業従事者が知っておきたい計数から「損益分岐点売上高」について説明します。今回の記事のポイントは以下の4つ。①損益分岐点売上高とは②損益分岐点売上高の求め方③損益分岐点売上高の実務での使用例④損益分岐点売上高の改善方法 損益分岐点とは収益と費用がイコールになる分岐点を指し、小売業では一般的に売上総利益と「変動費」「固定費」がイコールになる分岐点を指します。
小売業の計数初級編

【小売業】値入高・仕入売価・仕入原価と求め方を解説

この記事では、小売業従事者が知っておきたい計数から「値入高・仕入売価・仕入原価」について説明します。今回の記事のポイントは以下の3つ。1.値入高の求め方、2.仕入売価と売価の違い、3.仕入原価と売上原価の違い、4.値入高・仕入売価・仕入原価の実務での使用例
小売業の計数初級編

【小売業】粗利(売上総利益)の定義と計算方法を解説

粗利(売上総利益)は小売業において売上高と同じくらい大切な指標です。 店舗を運営していると人件費や光熱費、家賃地代など様々な費用が発生します。 これらの費用は、売上高から売上原価を差し引いた粗利から支払うことになります。 粗利の概念を理解することで、店舗運営に役立てることができます。 今回の記事では粗利に関して以下の3点を解説します。