小売業の計数中級編

小売業の計数中級編

【小売業】PI値とは|計算方法や詳細をわかりやすく説明

小売業では、PI値を用いて商品の売れ行きが好調かを判断することが少なくありません。特にチェーンストアの店長以上の役職者ともなれば、自分の管轄する店舗やエリアで、売れるべき商品がしっかり売れているか、売り逃しが無いかは確認しておく必要があります。PI値とは、経営効率を見直すための計数であり、指標として活用することで、適切な売上管理ができるようになります。今回の記事では、店長やそれ以上の役職を目指したい方が知っておきたい、PI値に関して以下の3つを解説しています。
小売業の計数中級編

赤字部門や製品からの撤退・廃止基準は?採算計算をわかりやすく解説

赤字部門から撤退したら、利益は増えるのでしょうか。赤字部門からの撤退を考える上で、原価や固定費、変動費など様々な要素を検討する必要があります。店舗運営や会社経営において黒字であるか赤字であるかは重要な違いとなります。 赤字とは手元から資金が出て行っている状態であり、例えるならば水の入ったバケツに穴が開いている状態です。一方で、黒字とは手元に資金が余る状態であり、ビジネスをするなら永続的に黒字の状態を保てるのが良いのは明白です。
小売業の計数中級編

相乗積(粗利ミックス)の計算方法と活用方法を元店長がわかりやすく徹底解説

相乗積がわかると効率の良い売り場管理ができるようになります。相乗積はポイントを押さえれば難しくありません。相乗積とは何かを理解して、売上対策に活用できるようになりましょう。お店では様々な商品を扱っているため、当然利益率は商品によって変わってきます。「相乗積」とは利益率と売上構成比を組み合わせた指標で、その商品群の利益貢献度をわかりやすく表すことができます。相乗積を使うことのメリットは利益貢献度の見える化、売り場管理やレイアウト変更の作案、この2点が主になります。
小売業の計数中級編

お店の経営は安定しているか?簡単にわかる経営安全率(安全余裕率)

経営安全率は損益分岐点売上高と一緒に用いられることが多く、損益分岐点売上高に対してどの程度余裕があるのかを計る指標です。安全余裕率は経営安全率と表裏一体となっており、片方を求めることでもう片方の数値を知ることができます。 経営安全率(安全余裕率)の意味や計算方法を知っておくことで、自社や自店の経営にどの程度余裕があるのかを計ることができます。
小売業の計数中級編

【小売業】人件費は適正か!?労働分配率をわかりやすく解説

労働分配率とは、会社が生み出した付加価値(粗利益高/売買差益高)を労働力、つまり人件費にどれだけ分配したのかを見るための指標で、以下の計算式で計算します。 労働分配率=粗利益高(売買差益高)÷人件費×100 労働分配率とは、簡単に言えば「粗利益高(売買差益高)のうち、人件費へ分配されている割合」のことを指します。
小売業の計数中級編

【小売業】損益計算書(PLの見方)をわかりやすく解説

決算に欠かせない「損益計算書」ですが、自店の経営に活かしているという店舗責任者は少ないのではないでしょうか。損益計算書と言うと、経営者や株式トレーダー、銀行員など特殊な職種の方が確認するものというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 しかし損益計算書の見方は小売業の店舗販売員も知っておくことにより、実際の店舗運営に生かせる大切な知識です。月次や年次の損益計算書が店舗ごとに作成されている企業も少なくはありません。