労務管理

労務管理

相対評価と絶対評価のメリットとデメリットをわかりやすく解説

組織や企業での評価の仕方に「相対評価」と「絶対評価」があります。違いは何でしょうか。「相対評価」とは文字通り、誰かと比べて優れているか劣っているかを評価する指標であり、「絶対評価」とは、あらかじめ決められた評価基準に沿って目標の達成状況を評価する方法です。それぞれにメリットデメリットがあり、適切に使い分けることで従業員が働きやすい職場環境を整えることができます。今回の記事では相対評価と絶対評価について以下の3点を説明します。
労務管理

中国古典に学ぶ『貞観政要』|リーダーとして部下とコミュニケーションを取る時の7つの要素

良いリーダーに必要な事とは何でしょうか。 リーダーは、グループや組織の中で指導的な立場にある人を指します。リーダーは与えられた目的や目標を達成するために、メンバーを統率して方向性を示す役割を果たします。 リーダーの役割とはチームや組織の目標を達成するためにメンバーを動機付け、指導し、サポートすることであり、リーダーであるからにはチームの責任を負うことも必要です。 リーダーシップのスタイルは様々であり、個人の特性や状況に応じて異なるアプローチを取ることがあります。一部のリーダーは指示を与えることを得意とし、他のリーダーは共同作業や協力を重視することがあります。どのようなタイプであれ、リーダーにとってはメンバーのスキルや能力を引き出すこと、メンバーの成長を支援することも重要な役割です。
労務管理

有休とか無駄にしてませんか?小売業従事者が押さえておくべき労働基準法

労働基準法の知識を身につけることで、不当な扱いを受けているのか判断ができるようになり、労働者としての立場を守りやすくなります。労働基準法の基礎知識を身につけることで、肉体的・精神的・社会的・致命傷から身を守ることができます。この記事を最後まで読んでいただければ、職場で直接関係のある、労働基準法の正しい知識を身につけることができることをお約束します。